Gust of wind with Two wheels BMW K100RS
FC2ブログ
Gust of wind with Two wheels
満月と新月にナイトライド
202104<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202106
K100RS 軽くメンテ
普段休みの日は練習があるのでなかなか面倒見られないので、この機会に軽くメンテです。
メンテといっても、冷却水とバッテリーの交換と、インパネの電球が一つだけ点灯しなかったのでそのチェックです。
K100RS メンテ中
冷却水は2年以上無交換・無補給だったので前々から気にはなっていたのですが、
よく言われる「腐ったような臭い」がするわけでもなく、いたって普通でした。
バッテリーはオートバックスの軽自動車用を流用。

そのついでに紫外線でやれてきたインパネ周りを染めQで塗りなおしたり、錆びたボルトをステンレスボルトにしただけ。
仕上げはシリコン研磨剤で汚れたワックスをふき取り、改めてワックスを塗りなおして終わり。
これだけでも随分すっきりしました。

あー、オイル交換してないけど・・・まぁ今度にしよう。
スポンサーサイト



750Turboとか乗ってたっけ・・・
12月5日 レスト

通勤はK100RSで。
いい加減バッテリーがヤバイでしょ、という手前まできてます。
軽自動車用のバッテリーが使えるので、一般的なオートバイの交換費用と比べたら格安なんですけどねぇ・・・不精というかなんというか。
ちなみに押しがけという荒業はこのバイクには通用しません。
この車格と重量に加えてシャフトドライブという構成の前では、怪力を持つ大男でも無理でしょう。
インジェクションだから無理じゃない?という意見もありますが、750Turboでは押しがけができたので、私はなんとも言えないです。
そういえば750Turboは、今から思えば随分荒っぽい構成だったなぁ・・・。
空冷なのにノッキングセンサーがなかったんだから。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

久しぶりにK100RSネタ
雨でロードバイクの走行会が流れたので、壊れていた左側のパニアケースの補修と、そのついでに紫外線でヤレタ表面を再塗装することにしました。

1年ぶりのオイル交換
K100RSのオイル交換は、ヤフオクから引き取ってきて以来なので約1年と3ヶ月ぶり?
あまり乗っていないとはいえ随分と乗りっぱなしだったものです。

オイルパンから出てきたオイルはそれ相応に汚れていましたが、
さいして差障りがあるような症状はなし。
車と似たような構造のエンジンを持つK100RSは、オイルサイクルが一般のオートバイよりオイルライフが長いということです。

今回も使ったオイルはシェブロンシュープリーム
最近コストコに行っていませんが、原油高騰でこのオイルも既に値上がっているのでしょうか。
また調査しに行かないと・・・。



テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

寝坊してバイクで通勤
昨晩は寝つきが悪く、ものの見事に寝坊をかましました。
寝坊といっても電車やK100RSを引っ張り出せば十分間に合う時間・・・つまり自転車通勤する以前の起床時間だったわけで。
電車通勤は嫌だったのでK100RSを引っ張り出しました。
パニアケースに荷物を詰め込んで出発。ここらへんの使い勝手が秀でているのがパニアケースを装備するオートバイのいいところです。


走行中に黒いクラウン(レクサスかな?)が何か気に障ったらしく、激しくプッシングしてくるじゃないですか。
もう少し若い頃なら中指おったてて、ミラーを曲げてあげるところですが、さすがにもうそんなことをする年齢でもないので無視することに。
バカは相手にしないのが一番。
本来、高級車に乗る人間はみな紳士であるというのが自動車メーカのイメージ戦略ですが、現実はそうでない場合が多いです、特に大阪近辺は。
自転車に乗っていてもクラクションであおってくるのはたいてい、大型セダンか1BOX。
大きな車に乗ると、自分が偉くなったと勘違いなさるご様子で。




今回は修理上がりの迷WAN BZN-200を久しぶりに装着しました。
マヨワン

地図データも512MB版から2G版にグレードアップ。
この地図データが2万円もするのですが、住所検索機能が大幅に強化されているので、それはそれでよしとしておいて。コレが無いと自動車での遠出もオートバイのツーリングもできない身体になった弱みといいますか。
迷WANそのものは、保障期間内だったので修理代は無料。
修理の期間も約1週間ほどでした。
大手家電メーカーでもないのに、この対応の速さは合格点ではないでしょうか。

この分野においては迷WANが一人勝ちしていたようですが、今となってはクラリオンやサンヨーに引き続き、SONYからもポータブルナビを市場に出してきていよいよ日本でも安値のポータブルナビの普及に拍車がかかるようで、私個人としてはうれしい限りです。
(クラリオンはマイタック製のOEM、SONYのNV-U1は欧州で既に発売されていました)




個人的見解:条件はオートバイにも装着できること。


・ミニゴリラ

機能が優れているのは分かってるのですが、オートバイに装着するとなるとまだでかすぎる。ハンドルマウントはきついのでは。
専用のタンクバックを使えといわれても、これ以上視線移動が大きくなるのは危険すぎる。
そもそもナビにワンセグ機能とか必要なのかと、はなはだ疑問。
走行中にテレビを見るバカなライダーがでてきそうだからやめて欲しい。

・クラリオン DrivTrax P5
値ごろ感が強く、専用のマウントキットと込みで買っても迷WANのバイクキットフルセットバージョンより安い。
大きさも迷WANと同じくらいで使い勝手はよさげ。
でも中身がマイタックというのがなんとも不安。
アフターサービスはクラリオンということで安心だとは思いますが。

・SONY NV-U1
写真で見ると奥行きがかなりありそうで、オートバイの装着は困難かも?

・ガーミン
日本向けのラインナップに、オートバイ用のコンポーネンツに満足できそうな物が無いのはなぜ。

・Mio
本体の信頼性がいまいち。それ言い出したらマヨも似たものなのですが。
でもアルミ製のマウントキットは優れていると思います。
マヨは樹脂製なのですが、いつか紫外線にやられそう・・・。

・HONDA WING と YAMAHA
ガーミン社からのOEMにちょこっと仕様を変えてマウントキット梱包して20万近くするのは、いくらなんでもやりぎでないかい?
(20万近くもするのだったらPanasonic製のポータブルナビを無理やり装備したほうが有意義)

・K100RSの実家 BMW
やっぱりガーミンからのOEM供給。こちらも20万近くのプライスタグがつく。
大体BMWジャパンディーラーに頼むと、工賃だけで幾らかかるかわかったものでないのでパス。
(噂ではオイル交換だけで1万5千円するそうだ。金粉入りのオイルでも使うのか)

・迷WANの弱点
バイクに使えますとかいいつつ、日常防水機能すらない矛盾だらけの仕様。
真夏の昼間にダッシュボードにおいておくと、熱に負けて機能不全になる。別売りの断熱カバーを買えということらしい。
別売りのバイザーを装着してあげないと真昼の晴天では、画面が見えないという理不尽さ。
2時間ももたない内蔵バッテリー。しかも交換不可能。
基本的にMeタンと同格の頭の悪さ。でもそこがいい。
最近バージョンアップしたので、あっちこっちパワーアップはしたみたい。




ようするにですね、
既存の製品はオートバイでの使用について、
後付けにすぎん訳でしてですね・・・。




ここはやぱりTOMTOMの日本上陸をじっくり待つのが、吉なのかもしれませんねぇ・・・。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.