Gust of wind with Two wheels 2007年09月
FC2ブログ
Gust of wind with Two wheels
満月と新月にナイトライド
200708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200710
水泳肩?
スイム:45min

いつもの通りLSDでスイム中、左肩に針で刺されたような痛みをおぼえました。
しばらく様子を見ながら泳いでいると、いよいよ痛みが点から面に。
不安を覚えたのでスイムを中断しました。
お風呂場で鏡を見ると、肩の形状がが左右非対称になっている。
左肩の上部に触れると腱に痛みが。これが水泳肩っていうやつなのか。

痛みが治まらなかったら整骨院にいくつもりですが、最近なんだかちょっとした怪我が多いような・・・。
スポンサーサイト



第3者の目
ロードバイク:46km スイム:1H

最近会社で、にわかに「やせましたね」と声をかけられる機会が増えてきました。
中には「病気ですか?」と心配されることも。

所有するズボンもほぼ壊滅状態になりましたが、
今度は昔はいていたズボンが通るまであともう少し。
ブログサボり気味
9月24日 休息
9月25日 スイム:1h
9月26日 部署の宴会
9月27日 ロードバイク:46km

ちょっとブログをサボり気味。
エクセルで消化したメニューは残してるのですが、ブログに書いたほうが実感があるし、やはり文章で残しておきたいものです。
ハンドル変更:EASTON EA50
Sequoia Eliteに標準装備されているハンドルはC-C 420mmのアナトミックハンドルなのですが、印象としてはかなり大柄に感じる物で、私には違和感を覚えるものでした。
(ちなみにプロダクトネームはSEQUOIA ERGO ALLOY ROAD HANDLEBARとそのまんま)
結構凝った形状で質感はいいんですけどね。

そういう経緯もあり、ハンドルをEASTON EA50に変更しました。
ハンドル幅は420mmから400mmにサイズダウン。
420mmはリラックスしたポジションをとることが可能ですが、もっと手首と脇を締めて腕を固定したポジションが取りたかったのです。


で、結果的にこの変更は正解でした。
ウォームアップまでの間はポジションがタイトになりましたがアベレージは明らかに上がりました。
しかし、アールの形状の違いだけでここまで変わるとは・・・
スペックだけ見るとSEQUOIAのハンドルはドロップ147mm/リーチ80mm、EA50はドロップ152mm/リーチ78mmとそう変わらないのですけどね。

次回はこのハンドル形状をベンチマークにして、更に軽量なハンドルも試してみたいところです。

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

淡路島 150km
9月23日

ロードバイクで淡路島を走るのはコレで2回目になります。
前回は100kmのコースでしたが今回は140kmのコースで、苦手とする峠越えが待ち構えています。

出発までに思わぬ時間を取られ、自宅を出たのは午前8時過ぎ。
予定よりかなり遅れて出発したことに少し不安が頭をよぎります。
しかもドリンクボトルを忘れるという失態までしてしまい、気が滅入る始末。
修理上がりの迷WANも、回線の接触が悪いのかおかしな挙動を見せるし・・・(叩くと直るとかありえない)。今度投書してやろう。

明石フェリー乗り場から約3km離れた大蔵海岸駐車場に入り、自転車の組み立てと着替えを済ませて出発。
この駐車場は広くて料金が安いので(終日1000円)淡路島のツーリングでは今後お世話になることでしょう。
フェリー乗り場に到着したのが9時半過ぎ。
そこで目に飛び込んできたのはオートバイの長蛇の列。
予想通りの展開というか、何でこんなにオートバイが多いの。ロードバイクは私一人。浮いているなぁ・・・。
きっとサイクリスト達はとっくの前に、淡路島に渡航してしまっているのでしょう。
次回からもっと早く出発しようと反省しながら待つ事1時間半。
結局乗船できたのは11時の便になってしまいました。

20070924114945.jpg



右ふくらはぎ
ロードバイク:45km スイム:1H

タイトルの箇所ですが、どうもウィークポイント確定になったようです。
どういうわけか常に攣る寸前の感覚。
柔軟はしてるのですけどね。ミネラル不足かな。
あるいは慢性脱水症状なのか・・ってそんな話聞いたことないし。

今度マッサージオイルも試してみることにします。
左足親指完治
スイム:1H

久しぶりに納得のスイムができました。
ただの練習に納得したというのも変な話ですが。

ただ、やはり十分な休息と言うのは重要なものなのですね。
あれから10年の時が流れて
今日見てまいりました、ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序



前回の劇場版が1997年というのですから、ちょうど10年。
私としてはついこの間の出来事に感じられたしかたないのですが、
振り返ると確かに10年の道のりは残っていたわけで。

いまさらエヴァについて語ることは何もないですし、もともと評論めいたことは嫌いですし、でもなんというか内面的なことを語るなら、我ながら随分と変わったものだと思うしだい。
当時はデザイン制作現場で現場を指揮し、
恐いものしらずの思い上がりもはなはだしい、生意気な若造でした。
10年前に映画館に足を伸ばしたときは、当時勤めていた会社の専務と言い争っていた記憶が鮮明に残っています。
あの頃は自分は何でもできるし、才能があると言い切っていた絵に描いたようなビッグマウスだったのです。
今日、目前にいたら自らの手で射殺してやりたいくらいです。


あれから10年。
いろんなことがあって、社会の底辺を這いずり回る目に遭ったりして、
今ではすっかり「街が蜃気楼のように見える」な人になってしまいましたが、最近ようやく自分を取り戻すために動き出しています。
陥入爪?
9月15日はスイム:40min

どうもスニーカーでATBをペダリンクする場合、気をつけないといけないようです。
少なくても価格なりに良い靴・自分にあった靴を選ぶ必要があるみたい。

9月14日から左足親指・爪先の内側が炎症を起こしました。
触るだけで激痛が走ります。まいったね。
今は収まりつつありますが、まだ自転車を漕ぐことはできません。

足先が痛いだけで、何もする気が起きなくなるものです。しかも3連休だというのに。
テンションが下がるのは精神的によろしくありません。
気晴らしにウエパで買い物をすることにしました。
本日はスポーツジムはお休み
ATB:43km


ATBで通勤した日は、帰りに寄り道できるのがいいです。
ロードバイクではちょっとする気が起きませんからね。
ヤマダ電機で携帯電話用のmicroSDカードを購入。
microSDカードってこんなに小さいのね。
これで容量が2Gというんだから技術の進歩ってスゴイです。

昔は10Gのディスクアレイが100万円近かったのに・・・

HARDROCK 通勤デビュー
ATB:43km スイム:45min

本日初めてHARDROCKで通勤しました。
ロードバイクと違い慣性で走行しにくいATBでの片道20kmはきついものになると思っていましたが、実際はそうでもありませんでした。
アベレージも1.5km/hほどの差。
ルートを楽なコースに変えたこともあるのですが、思いのほかハイペースでいけるようです。

スイムは2ストロークブレスでキック有りのLSDスイム。
ようやくコツがつかめてきました感じがします。
ケイタイを機種変更しました 912T
偏屈者の私はケイタイの機種はNokiaにこだわっていました。
古くはJ-NM02なども使っていましたが、これは本気で欲しいケイタイを探した結果、Nokiaを選択することになったのです。日本の機種にはないオーラに魅せられたわけです。
それ以降携帯電話はNokiaオンリーでした。
雨の日は路面がすべる 早いヤツはファーストレーンに逝け
ロードバイク:47km スイム:50min

自転車通勤も久しぶり。
休み明けの朝は肌寒いほど涼しくなっていて、ロードバイクで走るにはとてもいい季節になってきました。
まだ残暑はしつこいほどですが、いずれは秋も深まってくることでしょう。

この日は心拍数の強度を60-70%で、ケイデンスは100前後、時速にして27-30km/hで走行。
これくらいなら適度なスピードで、退屈することも無く続けていけそうです。

ハプニングが発生。
本日帰宅時、雨が降りました。路面は塗れて滑りやすい。
もともとロードバイクは雨に大変弱く、細いタイヤはあっという間にスリップしますし、ブレーキも効かなくなります。
安全運転、事故に注意。
ところがどっこい、信号待ちをしているとなにやらガッシャーンとオートバイの転等音。
振り向くとスクーターが突っ込んできて・・・・


久しぶりに水泳
スイム:50分

久しぶりのスイムということでしたが、なんとなく伸び悩み?
2ストロークブレスにキックを入れると、すぐに息が上がり気味。
どうも足の筋肉のエネルギー消費量が多いみたい。だからといってキックの回数を減らすくらいなら、キック無しの方が長く泳げるし・・・困ったね。
体重計もちょっと横に伸びているので、どうやら小康状態になっているようです。まぁ第一関門のようなものですね。
ここで止めてしまう人のなんと多いことか。

まぁ気長に。ゆっくりと。でも私に残された時間は限られているのもまた確かなのである。
今庄ツーリング
SPEEDさんから「ツーリングがあるから一緒にどうですか」とのお誘いに呼ばれ1泊2日の旅行に行ってきました。団体旅行なんて、オートバイショップのツーリング以来ですから約2年ぶりです。
メンバーは全員で7名。目的地は福井県今庄。
自動車2台に分かれ、その内のハイエースに7台分のロードバイクを詰め込みいざ出発。
今回のコースは今庄365スキー場をスタート地点にして国道476を南下し、
途中敦賀発電所をパスした後埠頭で折り返し、再びスタート地点に戻るというもの。
トータルで約75kmほどのコースとなります。
またしてもダウン
9月5日は有給をとり、のんびりするつもりがなぜか日本橋に向けてHardRockを走らせることに。
久しぶりにコミックストアに行きました。片道6kmほど、往復12km。
ところでつい最近知ったのですが、ソフマップ・ザウルス店やブロッコリーがある通りのことを「オタロード」というんだそうな。もう少し別の呼び名はなかったのかと小1時間・・・。
ここもメイドカフェが増えてきましたが、私は利用したことが無いのですけどこういう店ってカップルで入店した場合、どういうもてなしをされるのでしょうか?

タイヤの空気圧を高めにした影響が悪い方向に向いたようで、どうもペダルを漕ぐ感覚に違和感が。アスファルト走行とはいえ空気圧を最大付近に振っていいって物じゃないんですね。
ペダルはSequoia Eliteのお下がりであるシマノのPD-M324に変えてみたのですが、SPDシューズをはかない限り使う意味はないみたい。クリート面が上を向きやすい構造なのでいざというときやスタート時に躊躇します。
買ったときについていたペダルは、下駄代わりの折り畳み自転車に付け替えてしまっています。
ということで、ペダルはすぐに両面踏みタイプのwellgo製の安いモデルに買い替え。
けれど、wellgoもOEMのペダルも見た目も機能的にもあまり変わらないんですよね。
OEMのほうが上等っぽいような気も・・・。


それはよいとして、翌日の9月6日は再びダウン。
どうも夏ばての影響が続いていたもようです。
それに付け加え寝不足気味だったこともダウンに拍車をかけていたようで。
某組織の某盟主役とかしていると、寝る時間が深夜1時過ぎ。
翌朝は5時半に起きて往復47kmのロードサイクルワーク。それに付け加えプールで1H。
やっぱりどう考えても寝不足です。これからは23時にはログアウトするように心がけないと・・・。
SPECIALIZED 2008 HardRock Sport
フロントはサスペンション付き、リアはリジッドのハードテイル。
セカンドバイクとして購入しました。
用途は通勤、散歩、買い物、映画館、回転寿司店への突撃など。

HARDROCK SPORT

HARDROCK SPORT


スペシャライズドのMTBの中ではエントリークラスのモデルで、価格も財布にやさしい5万円クラス。これでも一般的に見れば高いと感じる人はいるんでしょうね。
しかしよく考えたらですね、1年か2年くらいでスクラップになる癖に2、3万円もするMTBルック車を買うより、よっぽどお値打ちだと思うのです。
なんせATBの量産化を世界で始めて成功させたスペシャですもの。エントリーモデルとはいえ間違いなく血統書付です。


当初はディスクブレーキモデルを狙っていたのですが、SPEEDの店長さんから「街中ではいらないですよ」という一言であっさり引き下がりました。
確かに、ダウンヒルやぬかるみを走るほどのことが無い限りディスクブレーキは必要ないですし、そこまで行き着いた頃には更に上のモデルを購入することになるでしょう。
それにHRは未舗装地の山道よりも、どちらかといえばアメリカのダウンタウンによくあるような、デコボコでパッチだらけのアスファルトをかっ飛ばすのが得意なバイクで、どちらかといえば頑丈なシクロクロスのような位置づけといえます。
本家のサイトにもそう書いてますし。
もちろんそれが目的で購入したわけですし。
とりあえずスリックタイヤとエンドバーが欲しいところ。


写真ではあまり分かりませんが、生ゴムグリップやサドルの色、少し幅広なハンドルのせいか、ATBというより雰囲気はクラシックなアーバン色の濃いシティサイクルです。
山道よりも古いオシャレな街のほうが似合うと言っていいです。
イメージとしては横浜・本牧のジャズレストランでしょうか。私の近場としては心斎橋のアメリカ村がありますが、今は子供の溜まり場ですしねぇ・・・。とはいえ本牧には行った事もないですが。

HR正面

このゴツイフレームと2.1幅のタイヤを見ていると、どこでも乗り込んで行けそうな気がするあたり、ATBの血が流れていることには違いないです。
この不思議な印象は、同じ価格帯のGIANT・ルイガノ・GIOS・GT・TREKなどのモデルには見受けられません。

このバイクは、壊すぐらいの勢いで乗っても壊れにくく頑丈だそうです。
HARDROCKの名の由来は音楽のジャンルではなくて、直訳どおり硬い岩という意味からじゃないでしょうか。
そのかわり重量は13kgと重いです。

フロント・リアのディレイラーはシマノ Acera。
変速はカチカチと気持ちよく決まります。
シティコミューターとして使用するならこれで十分かと。
価格の割にはかなり充実しているというのが実直な感想です。


HR+ポンプ

携帯ポンプはなんだかんだで、コンパクトで一番使いやすいトピークのポケットロケットマスターブラスター。
セコイアに装備させているオールアルミタイプではなく、ハンドルやヘッド部は樹脂製です。しかしOEMで装着されている2.1幅のブロックタイヤはパンクするとは思えないほど堅牢なんですが。


HRステム


サイコンはShimano PROの7ゲージ。
これはセコイアからのお下がり品です。ライトは松下のNL-820Pでこれもやっぱりセコイアからのお下がり。

HRハブライト

NL-820Pだけでは心もとないので、ハブライトホルダーでCATEYEのHL-EL210を装着しています。


テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

日差しがゆるくなってきました
結構なことですが、日が暮れるのも早くなり、
いよいよ通勤も夜間走行が本格的に。

ロードバイク:47km スイム:1H

ロードバイク用のライトで、一番いいのはどれじゃいとトッカエヒッカエするものの、
結局は昔ながらのフィラメントバルブタイプの、CATEYE HL-500IIに落ち着きました。
ランニングコスト対策はパナループで対処することに。これさえあればLEDに頼らなくてもすみます。
結局のところ、LEDはフィラメントバルブの代替になるには課題が多すぎると感じたのです。5WのLEDになるとランニングコストはフィラメントバルブより悪くなる一方ですし、マニアックな世界に踏み入れてしまうようです。
でも最近の自転車用ランプは、どれも中途半端なLEDライトばかりなのですよねぇ・・・。



ニーパッドというんですかね
ロードバイク:47km クロール:1H

書き込みでのお勧めもありまして、本日からニーパッド?股に挟むウレタンを使い、プルで2ストロークブレス。
身体が浮き、姿勢が安定するのは大変よろしい。はじめからこれを使えばよかった。
今後はしばらくこれで行こうと思います。

ロードバイクの方はここ最近、運動強度が70~80%の範囲になっていたので60~70%にダウンさせました。その強度でも先月に比べたら早くなってはいます。これ以上強度を強めると身体を壊しかねない。

そういえば食事制限をしすぎたせいか、ここ最近やたらと爪の先が割れるようになりました。
どうやらミネラルとタンパク質不足のようです。
プロテインは飲んでいるのですが、やはり運動強度が強すぎたか。
ということで、少しばかり自重することを意識しています。
2ストロークブレス
自転車:35km 水泳:1時間

MTBは面白いのですが、やっぱりハードです。それもそうとう。

水泳ですが、クロールのブレスを2ストロークに切り替えつつあります。
これから目指す競技のことを考慮して、キックよりクロールに依存させたいので機会があればキックなしでの練習をメインにしているのです。

距離は稼げなくなりましたが、フォームが安定しつつあるような気がします。
HARDROCKで走ってみた
自転車:23km

MTB(本当はATBというのが正解なのですが)で街の中を走るのがこれほど楽しいとは。
ロードバイクでは脅威となる段差も、MTBだと軽いアスレチックアイテムになります。
スピードは最高で30km/h。巡航速度は25km/hぐらい。アベレージは18km/hほど。タイヤ幅が2.1インチもあるのと、ギア比の関係でロードバイクに比べるとかなりハードです。
このはじめからついている2.1インチ幅のオフ用タイヤですが、
駐輪場のタイヤ留めに入らないことが判明。
やっぱりスリックタイヤを導入しましょうかね。


ところでMTBといえば、巷でよく見かけるいわゆるMTBルック車がありますが、
はっきり言って全く違う乗り物です。
ルック車を買う買わないは個人の自由ですが、
モドキの割には結構な値段がするルック車を買うくらいなら、
もう少しがんばってエントリークラスのATBを買うほうが、
クレバーな選択だと思います。


で、真っ先にやりたいことをやってみた。
なんばパークシネマへ映画鑑賞。
見てきたのはVEXILLE。映像技術は04年のAPPLESEEDのときよりかなり洗礼されていました。
この3Dフルアニメーションの分野は今後もっと発展すると思われ、とても楽しみです。
(と、思ったらアップルシードがまた映画化するんですね、びっくりですよ)

テーマ:自転車 - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.