Gust of wind with Two wheels 2008年09月
FC2ブログ
Gust of wind with Two wheels
満月と新月にナイトライド
200808<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200810
9月29日 トレーニング内容
スイム:60min

バイクはダメ、ランもダメ、ときたら後はスイムの練習しかないわけで。
軽いキックもヒザにはよくないだろうと思い、プルブイを利用して延々と泳ぎました。蹴伸びも自粛です。
オフシーズン中はヘッドアップの練習を意識して、前シーズンのように海上で迷走しないようにしたいと思います。
目指すは30分切り!(ちょっと上を見すぎかな・・・)
スポンサーサイト



テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

丹後半島ツーリング
丹後半島ツーリング
9月27日 バイク:約100km
9月28日 天橋立観光

右ヒザが故障しているというのに行ってきましたよ。
だって楽しみしてたんだもの。シーズンも終わったし、ゆっくり治療すればいい。
そもそも健康のためにトレーニングしているわけじゃないし。

とはいえ今回はツーリングなので練習ペースではなく、景色を楽しみながらののんびりペース。
丹後半島の海岸沿いは車もほとんど通っておらず、そして天気は絶好の秋晴れの行楽日和。
丹後半島ツーリング2

ヒザは痛いけど来てよかったー!・・・な感じですよ。

丹後半島ツーリング3

適度な疲労も心地よく、約5時間のツーリングは終わった後は温泉に入って飯食って寝るだけ。
これがまた気持ちがいい。
20時には就寝です。実に健康的な旅行じゃないですか。
ちなみに今回泊まった宿はこちら。

酒鮮民宿 天橋立 まるやす
実にいい宿でした。天橋立に旅行される方にはおすすめできます。
料理が凄く豪華だったのです。


翌日は天橋立を観光がてらに散策です。
天橋立

写真もいっぱい撮ったけど、あえて掲載することもないでしょう。
普段こういうことはしないんですが、今回のメンバーがほぼ同年代で気の会う5人だけということもあり、気兼ねすることなく旅行を楽しめました。

狛犬

狛犬~!
動き出さないかニャー(我が家のお稲荷さまの見すぎです)
というのも籠神社にあるこの狛犬は伝承によると、天橋立に来た旅人を事あるごとに襲っていたのですが、旅の途中で立ち寄った岩見重太郎に右足を斬られてしまい、それ以降動くことはなくなったんだそうな。
歴史ロマンですね。
こういうのは少人数で回るのが一番楽しいです。



食べ物といえば今回寄り道したのは下記の二軒。

ツーリング途中では酪ママ工房というアイスクリーム屋さん。
酪ママ工房
フワフワのソフトクリームは、今まで経験したことのない食感でした。
このお店はスイーツ系のブロガーでは有名のようですね。

翌日の帰宅途中によった店はチャクリキというラーメン屋さん。
チャクリキ

こちらもかなり有名らしく我々が店内に入った直後には、行列ができていました。
この店はつけ麺ラーメンが有名らしく、もともとつけ麺否定派だった私もいい機会ということで食することに。
いやー、うまかった!これは旨いは!
大阪にこの店が無くてよかった。あればしょっちゅう通う羽目になりかねないからね。(そして太ると・・・)



右足が故障してなかったもっと楽しめたかもしれませんが、それはそれ。来て正解でした。
後は右足をゆっくり完治させて、来シーズンを目指します。
ハンドル周りの調整・・・未完
ステムを変更したついでに、ハンドルとSTIの取り付け角度の見直しをしました。
「今のハンドルの取り付け角度は、どう見てもアカンやろ」
とは常々思っていたのです。
見た目ウンヌンもありますが、現在の角度では下ハンを握った時に腰が逃げるんです。
2008児島トライアスロン TarmacSL2




角度を矯正しSTIレバーの位置の水平も出して、いよいよバーテープを巻く段階です。
今回のテープはSILVAのコルクを選択。というか自宅にあるストックはこれがラストでした。
悲劇がこの後に起きました。
右は無事に巻き終わったのですが、左を巻いていたら途中で
ブチッ!
オーマイガー!
まぁよくあることですね。
なので、完成写真は後日です。
(見た目ほとんど変わらないだろうけど・・・)

私はSILVAのコルクテープと相性が悪いんだろうか・・・(切る確率が高い)
ちなみに個人的に好きなのはバイクリボンだったりします。
比較的入手しやすいというという点も美点です。
右ヒザ故障 やばいなぁ
9月24日 トレーニング内容
バイク20.5km スイム:50min

根本的に疲れてます。
母が亡くなって以来、バイオリズムが低下しているのでしょう。復旧するのを待つしかないですね。
しかしここにきて決定的なダメージが発生。
朝通勤途中に右ヒザが痛み出し、ついには漕ぐことができなくなりました。左足だけでペダリングして何とか会社には着いたものの頭の中は色んなことがグルグル回っています。
「靭帯を痛めたか、関節を痛めたかどっちだ?」
歩行している時はまるで痛みがないので、筋肉疲労でしょう。
前日の走行会で急な負荷をかけたたのがトリガーだったようです。
ということで今後しばらくは自転車通勤は禁止。
まぁそれはいいのですが、楽しみにしていた27~28日のツーリングを目前にしているだけに、少し焦ってます。
治ってくれたらいいのですが・・・。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

POST MODERNE SMICA PRO STEM
今回ポジション変更のためにステム長を110mmから100mmにしたのですが、その際選択したのがSMICAでした。
以前は今は無きITMのVISIAで、やる気マンマンのビジュアルは結構気に入っていたのですがそれに比べてSMICAのそれはいい意味でシックで存在感をあまり感じさせないデザインとなっています。
ライズは8°となっています。
VISIAvsSMICA


2009 Specialized Toupe
Tarmacのサドルが割れたのでこれを交換しました。
交換したサドルはToupeからToupe。結局同じ物となりました。
私にとってベストサドルはSpecialized Toupeだからです。
サドルに関しては冒険するならまず鉄板を確定してからということもありますが、問題のない箇所にあえてメスを入れることもあるまい、という判断です。

2009 Toupe
2009年モデルとなります。

休息です
昨年の9月19日。右ふくらはぎを痛めて凹んでいる私がいる。
そして現在、やっぱり右ふくらはぎを攣らしてあがいている私がいる。

9月21日は右ひざに痛みと疲れのためトレーニングはお休み。内蔵も少し疲れ気味の模様。
今日は先日から喉が痛くて鼻風邪っぽかったので、自転車通勤はお休みです。
朝から快晴だっただけに少し残念。
でもここで無理をしてこじらせてはいかんのです。
27日と28日はSPEEDのみんなとツーリング。
昨年の今庄ツーリングから早1年。
あの時は30分近いハンディをもらいながら、ゴール手前であっさりと追いつかれてしまい追い越されてしまいました。それが未だにトラウマに・・・その雪辱を今こそ晴らすのですw

今月初めに母を亡くしたばかりなので参加は見送ろうかなと思ったのですが、姉が一言、「行っておいで」と言ってくれたので、楽しんでこようと思っています。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

右足が少しだけ故障
9月19日 バイク:41.5km ラン:長居1周
9月20日 バイク:81km グリーンロード走行会
 
プールで攣った右ふくらはぎのダメージが結構残っている。
通勤でのバイクは強度を落として走行。あまり追い込まない。
長居外周ランも1周だけ軽く流す程度で終わり。むしろ走らなかった方がいいんだけど先日の感覚を忘れたくなかったから少しだけ我慢する。

翌日は久しぶりに走行会へ参加。
かなり疲れていたこともあってあまり前に行かないようにするものの、今回の参加メンバーは強豪ばかりだったのでそうもいかない。ボケッとしていると置いていかれるので注意する。
メンバーの中でひわさ大会に参加されていた方いて、順位を聞くと総合で35か36位ぐらい、カテゴリー別順位で4位という成績だったそうな。スゴイ!そりゃぁ速い筈だわ。
来シーズンまでには少しでも迫れれるように力をつけておきたい。

走行会のフィニッシュは4人による大和川のサイクリングロードでバトル。
54km/hまで引っ張り上げてトップで駆け抜けたけど後が続かない。彼らがレースモードで挑んで来ていたらひとたまりもなかっただろう。
となるとやっぱり固定ローラーが欲しくなるんですよね。
まぁトライアスロンの練習で、もがきが要るかどうかが協議になるかもしれないけど、キャパアップに効くとなれば意味はあるんじゃないかな。
9月18日 トレーニング内容
バイク:41.5km
ラン:長居2周

走る時は飛ぶように、大地を駆けるように・・・なんとなーくわかってきた。
脚で走るのではなく、広背筋で走るイメージ。
両足がヘソより上まで延びているイメージ。
2本足ではなく両手を前足に見立てて、4本足で走るイメージ。
しかし欲張ってペースをあげようとすると、とたんにフォームがバラバラに。ここが壁なのでしょう。
もっと体幹を鍛える必要がある。
そしてやっぱりチンニングスタンドが欲しいな。
9月17日 トレーニング内容
バイク:41.5km
ラン:長居3周
スイム:30min

日・月・火曜日は疲れが出たのか練習できませんでした。
少しばかり筋トレをしたりCompexを入れたりしましたが、3日間も身体を動かしていないと不安になってきたり身体がウズウズしてきます。
なので久しぶりのフルセット。
でも無理はいけませんでした。ラストのプールで右ふくらはぎと太腿がいきなりガツンと攣ったのです。いつもなら多少攣ってもリカバリーできるのですが、今回のソレはきつかった。思わずプールの底でブクブクしながらうずくまる羽目に。
脚を使っているわけではないのですが、姿勢制御であっても各部の筋力を使っているものなのでしょうか。
帰宅後はCompexでふくらはぎと太腿をリカバリーしました。
最近、多少へたった電極パッドもテーピング用テープで貼り付ければ身体の背面部で使っても恐くないことに気がつき、ちょっとだけ得した気分です。(この意味は使っている人ならわかるはず)
全てが終わった時点で午前2時。

Compexでリカバリー中は「我が家のお稲荷さま」の原作を読んでいたりします。
ライトノベル全巻に足してコミックス版まで買ってるし、よほど気に入ったみたいで。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

壊れ物
今月に入り、思わぬ出費におののく私。

9月12・13日 トレーニング内容
12日 バイク:41.5km ラン:長居3周 筋トレ
13日 3本ローラー:70min スイム:40min 筋トレ

長居のトラックを2周で約30分。
そう簡単にイカンとはわかっているんですが、キロ5分を切ろうとするにはもうしばらく精進する必要が。
でもこの秋から冬にかけて練習をつめばきっとできる。
できるのはわかってる。
私はやればできるオッサンなのだから。
問題なのはこの熱意が4分の1でも仕事に向けることができたら、と思ってしまうこと。
うーん。若くしてドロップアウト組。
9月11日 トレーニング内容
バイク:41.5km

シート高が5mm変わるだけで、ここまで変わるかというお話。

Living Years
9月9日の早朝。平日とあって人気のない大和川サイクリングロードを走る。
久しぶりの練習ペースに軽く息があがった。ヤワなライダーにTarmac SL2が苦笑いしているようだ。
反発するカーボンフレームに負けじとペダルをこぐ。季節は秋を迎えようとしていた。秋風が心地いい。
グリーンロードに入ると見慣れたアップダウンが待ち構えている。軽くダンシング。息が弾む。
展望所についた。遠くにPLの塔が見える。天気はあいにくと少しばかり曇り気味。
サングラスを外して空を見上げた。

9月4日、母が亡くなった。
夜遅く帰宅して就寝しようとベッドに横になったところ、姉から電話がかかってきたのが4日の0時過ぎ。
病院に到着したのが1時30分。
病室に駆けつけると、母は冷たくなっていた。
享年78歳だった。
小さくなってしまった顔に手を当て、さする。
涙がこぼれ落ちていた。
元気だった頃の母の思い出しながら、号泣した。

彼女の人生は、幸せだったのだろうか。
母は家庭を支えるために和服の仕立てを内職に、コツコツと積み立ててくれていた。
私が独立してデザイン事務所を起こせたのも、母のおかげだった。
その事務所も私の不甲斐なさゆえに締める事になり、生活ができなくなった私を母は何も言わず迎え入れてくれた。
こんな不出来な息子を持ってしまった故に、気苦労も多かったであろう。
思い返せば悔恨ばかり。
どうしてもっと母に優しい言葉をかけられなかったのか。
どうしてもっと感謝の言葉をかけられなかったのか。
私の幸せを願う母の重いとは裏腹に、当の本人は好き勝手ばかりして、そのツケはすべて母に押し付けていた。
その母は亡くなる前に既に遠くの世界へ旅立ち、そして肉体もこの世から消えた。
「幸せでしたか?」
その質問に答えてくれる機会は永久になくなった。

空を見上げながら母に呼びかけてみた。
「母さん、母さん・・・」
返事はない。
それでも呼びかける言葉は途絶えなかった。


グリーンロードのふもとで通学途中の高校生達と遭遇した。
私が彼らの年齢の頃、まさか40歳になる前に両親を亡くすなんて思いもしなかった。
いや、両親が亡くなるということすら考えもしなかった。いて当然。空気のような存在だった。
自分の領域に入ってきたときだけ、悪態ばかりついていた気がする。
子供なんてそんなものかもしれない。いくつになっても親からすれば子供は子供。
亡くして初めて気がつくのだろう。だからこの想いを共有できるのは、同じ体験をした者だけなのかもしれない。


これから先、私はもう少し強く生きていこうと思う。
人間なんてそう簡単に変われるものではない。たとえ親の死に直面したとしてもいずれは忘れ、その誓いも薄れてゆくのかもしれない。
乗り越える問題は山積み。仕事のこと、人生のこと。この年齢になっていまだなお、何もかも足が地に付いていない今、私の行く末は1年先のことですら見えてこない。
それでも、どこか心の底で自分自身を否定してきた生き方を改め、前を向いて生きて行こうと思う。
それは流されるまま長生きをするのではなく、たとえ短い生涯になるかと言えども充実した人生を歩みたい。
それこそが父と母への私ができる唯一の親孝行なのだと信じて止まない。
そのためには、私は強くなろうと心に誓う。
この身が滅ぶその日まで。

合掌
9月8・9・10日 トレーニング内容
9月8日 スイム:50min 筋トレ
9月9日 バイク:70km スイム:30min 筋トレ
9月10日 ローラー台:110min 筋トレ

スイムはヘッドアップを組み入れて。
この練習が波のある海で通用すればいいが。
バイクはサドルの高さを少し低くしたので前後のポジションも変更。
少し前に移動させた。
セコイアさん BBが逝く
9月2日 トレーニング内容

バイク:45km
ラン:長居2週
筋トレ

母の見舞いに行くと・・・穏やかに寝てた。少し安心。

・ラン
この日はモノは試しということで、長居1周のタイムを測ってみました。
14分12秒25でした。
少しずつ速くなっているかな・・・。それでもキロ5分ちょっと超えていますね。

・バイク
左側ペダルからの異音が漕ぐのが恥ずかしいぐらい大きくなってきたので、SPEEDに駆け込みました。
店内では○田さんはじめとするチームの皆さんが、乗鞍のリザルトを囲んでいるところでした。
「ペダル、逝った?」「ガシガシ踏むから・・・」「バイクがかわいそう」
私が踏んで壊れるほどヤワではないと思うんですけど・・・
結局、逝っていたのはBBでした。
BBが逝ったついでにフロントトリプルをダブルに変更することにします。
家に105のコンパクトクランクが余っているから、丁度いい機会です。
平地の通勤なら39×52のほうがいいのかもしれませんが、それはまた次回に。
9月1日 トレーニング内容
スイム:30min

先日のレースでの疲れもあるので、この日は上記のメニューのみでした。
ところで私は自分が泳いでいるレーンに、2人以上の方が入ってこられると集中力が途切れてしまい、思うように泳げなくなります。
この日も一人で泳いでいると、一人、そしてまた一人・・・。
こうなると完全に集中力が切れてしまいます。
他のレーンも埋まっていたので30分で切り上げ。
こればかりはどうしようもないので、短時間で効果的なトレーニング方法を模索中です。

10月号のトライアスロンJAPANに、ヘッドアップスイムの極意が掲載されていました。
前回の児島でもスイムが迷走したのは、ヘッドアップスイムのスキルが皆無だったことが原因でした。
オフシーズン中にこの課題をのりこえて行きたいと思います。
トライアスロンJAPAN 10月号

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

ヒルクライムレースの聖地に挑む~後編~
第23回全日本マウンテンサイクリングin乗鞍
全長20.5km 平均斜度6.15% 最大斜度15度 
スタート地点の標高は1460m ゴール地点の標高は2720m

8月31日 決戦編

2008年乗鞍決戦仕様
ヒルクライムレースの聖地に挑む~前編~
8月30日 レース前日編

乗鞍スタート地点

日本各地は大雨で、ここも例外ではありませんでした。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.