Gust of wind with Two wheels 2009年06月
FC2ブログ
Gust of wind with Two wheels
満月と新月にナイトライド
200905<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200907
エヴァはもう少し日が経ってから見に行こうと思いました。だって映画館に行ったらもうアレな連中でごった返していたんですもの
6月26日
バイク:41km
スイム:1200m

6月27、28日
レスト

6月29日
バイク:41km
ラン:6km+12km

土日はレストにしてターミネーター4を見に行きました。
私はヘンタ●的なスポコン連中じゃないので、せっかくの休日までしんどい思いはしたくないのです。
これからは土日のうち、いずれかをレストにしよう。心に決めた。
今まで土日といえば走行会だったけど、帰宅後の昼からはグダグダになってしまうので、映画にも買い物にも満足に行けなくなる。

29日は雨。
大雨の中、長居の外周を走っている物好きバカランナーは確認しただけで3~4人ほどで、ほぼ貸切状態。
本当はスイムスクールにいくつもりだったけど、時間が間に合わなかった。
んー、仕事を定時であがってもスクールの時間までギリギリなんですよね・・・これは考えものだなぁ・・・。
スポンサーサイト



テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

国内のレースもいいけれど、トライアスロンといえばやっぱり海外でしょう
とかいうと、「生意気な!締めてやる!」と批判されるんでしょうか。

トライアスロンに参戦・遠征しようと思ったら、えらくお金がかかりますよね。国内のレースに参加するとしても、エントリー費、交通費、宿泊費、お土産、サプリメント、etc、あーだこーだで総額5~6万円ぐらい飛んでいるんじゃないでしょうか。
そんなにかかるんだったら、いっそうのこと遠征先はリゾート地の方がいいジャマイカ、という理屈。
ロタ・ブルーとかサイパンとか・・・、いいなぁ・・・。
だったら国内のレースに3つ出るのをすべてこっちに回してしまえ、という作戦です。ヒルクライムレースとかもうヤメヤメ(乗鞍も宿泊費とか含めると2~3万円は飛んでいく)

でも選手は何気に強豪ばかり集まるんだそうな、具体的には宮古島二ケタ台とか日本代表のエリートとか・・・。
その割には参加人数は3桁もいかないそうで、それだけに順位はシビアな結果になると思うんですが、なんていうか順位とかどうでもよくなっていきそうな、そんな雰囲気が伝わってきて今は少しだけその気になっています。
(そういえば、この歳になって海外旅行とかしたことないし・・・)

じゃぁ来年は、国内はひわさ、そしてロタ・ブルーだけに絞る?
それもいいかもしんないね。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

ショートorロング?
6月25日
バイク:41km
ラン:9.5km

最近ランは苦にならなくなってきましたが、それでもやっぱりまだ苦手意識があります。
そしてスイムはふぁkkryrftgyふじこlp

アイアンマンのDVDを見ていると、私が参加しているオリンピックディスタンストライアスロンとはまるで別の競技に見えます。
実際別の競技なんでしょう。陸上に例えるなら400m走とマラソンがまるで別物であるのと同じこと。
そして目指すは断然アイアンマン。
まぁどちらも筋金入りの●●どもの祭典であることには変わりはないんですが・・・ああ、筋金入りだからアイアンマンか、わはは、だれがうまいことを言えと
参戦するためにはまず基礎身体能力の向上あるのみで、そういえば当初の目標はアイアンマンへの出場であってショートではなかったはず・・・忘れていました、見失っていました、こんな肝心なことを。これは考え方を初心に戻して改めておかないと。
来年こそはロングへの参戦を目指していこうと思います。

と決心した矢先に、スイムの様子を見てビビる。
なにあれ。どいつもこいつもスタート直後から全力で泳いでいるんですけど!
しかもすっげー迫力のあるフォーム!欧米人マジ怖い!マジおっかねー!
こんな調子で3kmも泳ぎ続けるの?確実に死ぬわ。
とにかく未見の人はYouTubeで見てみなされ。目が点になるから。
(ちなみにスタートシーンは涙が出るほど感動的)
こうなったらキャンピングカーを・・・買えません、維持できません、貧乏です 本当にありがとうございました
6月24日
バイク:41km
ラン:1h

なんとなくランニングのフォームが一時の状態に戻りつつあります。
ようするに、身体がかなり錆付いていたんですね。これじゃ先日の蒲郡で惨敗したのはむべなるかな。
大会日までの一ヶ月足らずでどこまで高められるか、時間との戦いです。

・・・が、当の本人はすでに白旗を上げていたりして。

だってぇー、結局宿の予約はとれなかったしぃ~、テント泊決定だしぃ~・・・。
私はどこぞの大雑把に作られたヘンタ○どもと違ってか弱いんです。クーラー無しじゃ生きていけないんでry

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

Rain
6月23日
バイク:41km
JOG:1h

ここ最近は朝の5時に起床して、窓の外を見たら決まってドッシャー。露骨に梅雨シーズンですね。
朝のはよから雨に打たれてランに勤しむほどヘンタイで根性はないので、そのままバック トゥ ベッドです。
ローラー台でも回せばいいんだけどそんな気分にもなれません。
また堕落していきそうです。それもみな天気が悪いんです。我が家にシャワーがないのがいけないのです。きっとそうです。

先日買ったウェットスーツのSynergySportには以前からGRAYというバイクブランドがあって、カーボンディープホイールをメインに展開しているのですが、見つけた当時は正体不明だったのでスルーしていましたが、今となってはこっちもいいなとボケーッとカタログを見ております。
天邪鬼な性格ゆえに、他人と同じじゃイヤ、絶対にイヤ、Z●PPだのShima●●だのH●DだのMAV●Cだの、レース会場で石を投げたら当たりそうなホイールなんぞ絶対イヤと心に決めてしまった故の苦労です。
Vuelta Carbon Pro WRはフロントだけ欲しかったぐらいで、リアについてはあまり信用ならんほどリスキーな構造ゆえに、平地以外は使い道がなかったり。
現在はキシリウムSLという万能ホイールを所有しているので日和佐とかはF:Vuelta Carbon、R:キシリウムSLでいくつもりですが・・・これがまた絶望的なほどカッコ悪いんですorz
そんな経緯でリアだけ別のホイールを(脳内限定で)物色しているところ。
我ながらアフォとしか言いようがありませんが、理性が、見栄が・・・。
Shima●●を選択するのはクソ真面目なバカの一つ覚えですし、Z●PPなんぞスポーク穴の仕上げがアレだわバルーンの残滓がわんさか残っているわで思わず鼻で笑ってしまうほどだし、H●Dは種類が多すぎてわけわからんし、MAV●Cはもう3組も所有しているゆえにこれ以上はカンベンしてください・・・。
そこにきてこのGRAYです。
まぁカタログを見て妄想するのはタダですし、なんとでもいえるんですけど・・・

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

本文内容にアレな単語を撒き散らすとスパムコメントが増えるかもという実験
6月19日
バイク:41km
スイム:1300m

6月20日
バイク:45km(MTB)

6月22日
ラン:6.5km

6月20日は「楽しいMTBを満喫しましょう」をモットーに、SpeedメンバーのS田さんに連れられて柳生の自然歩道を走りました。
先日のキ○ガイめいた王滝100kmを筆頭に、頭の安全装置が3,4個ほど脳味噌から外れて耳から飛び出しているJ氏やN氏に山の中を引きずり回されたおかげで、私のMTBに対する心象はちょっと警戒域がイエローになっており、これはいかんということで「MTBって本当は楽しいんだよ」という趣旨のファンライドが必要かと思っていた矢先のお誘いでした。
天候は曇り気味でしたが、適度に走り適度に押して適度に坂道を滑走しました。ライド後は昼食とスーパー銭湯。
これですよ、これ。私が求めていたMTBライドとは。
あーこれぞファンライドというものでした。
S田さん、ありがとうございました。
あなただけです、SPEEDのメンバーのなかで常識人と呼べるのは。
あとはアレとかアレばかり。

思えば土日のライドときたら、ロードにせよマウンテンにせよSMゴッコに等しい物ばかりで、やたら坂を登るだけとか、やたらガレていたり落ち葉でヌルヌルの急斜面だったりと、たっかい金銭払っているのにやっていることといえばバカの一つ覚えのように自ら苦痛を求めたり、他人の苦悶する顔をニタニタとウォッチする行為ばかりで、ちょっとはオカシイと思えばいいのに「これこそ練習」だの「やっぱり練習」だの「乗鞍」だの「富士」だの「美ヶ原」だの「伊吹山」だのと・・・。
そんなに坂が好きかこのマゾヒストどもめが!
つまるところ日本で自転車が趣味とかぬかす輩はみな変態さんなのです。ああ、驚愕の事実に眩暈がしますわ。
わたしはそんな変態さんは遠慮したいです。
どうせ変態さんなら美しいガチ百合のほうがアワアワ日tgyふじこlp

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

海の向こうから来ましたよ Synergy Sport ENDORPHIN Sleeveless
確か注文したのが15日の夜。
不在票がポストに投函されていたのが18日。
たった4日でアメリカから日本ものお茶の間まで飛んで来ただと?
早い、早すぎるよ、TriSports。それともUPSが早すぎるんでしょうか。
UPS

で、今回注文を入れたのがコレ。Synergy SportのENDORPHIN Sleevelessです。
synergy ウェットスーツ
あまり聞きなれないブランドですが、元々はOrcaのウェットスーツをアメリカに卸していた会社が、自社ブランドとして立ち上げたできたてホヤホヤの新興ブランドのようです。
その際Orcaのデザイナーを引っこ抜いたとかいう噂もありますが、情報の元手が海外フォーラムから引用してきただけですのでどこまで正確なのかはわかりません。
ウェットスーツに対する趣旨は海外のほうが明らかにビョーキこだわる人が多いようで、
Orca、2XU、Zoot,Nineteen、QR、DeSoto、blueseventy、XTERRA・・・などのハイエンドを丸ごと大人買いして日々とっかえひっかえしている欧米人皆バカわはーアスリートも多く、その彼らが「synergyのウェットスーツはGoodだぜ」と言ってるので物は確かなのでしょう。。

さて、手持ちのblueseventy Helix Long Johnと比較してみたいところですが、片やblueseventyのハイエンドモデル、今回のENDORPHIN SleevelessはSynergy Sportのライナップの中でも廉価クラスで値段が倍以上違う物と比較するのはいくらなんでも不公平かなと。
実際blueseventy Helix Long Johnを見ると細部まで凝ったつくりになっており、ハンガーに引っ掛けて比べてみるとblueseventyは立体的なりに、対するSynergyは平面状になり、断裁やら縫製がまるで違います。裏地のパーツ点数も倍近く違うように見えます。
しかしその分、Synergy ENDORPHIN Sleevelessは合理的な造形になっているといえます。
当然のことながら部位によってスキンの厚みを変えているのですが、その箇所は8部位と廉価モデルとは思えないほどです。
そしてスキンは明らかにこちら側のほうが柔らかく、よく伸びます。なんというか性質が明らかに異なるスキンのようなのです。
重さはblueseventyに比べてかなり軽量です。
背中のファスナーはblueseventyが引き上げ式なのに対して、こちらは引き下げ式。
ちなみにファスナーはYKK製を採用しているあたり、よくわかってます(笑)
バリュー感はSynergyの方が上かもしれません。このブランドのハイエンドモデルはロングスリーブの"HYBRID"なのですが、私が持っているblueseventyのロングジョンや2XUのロングジョンのハイエンドモデルより安値なのです。これからはこのブランドを贔屓にしようかなぁ・・・。
ただしオーストラリアやニュージーランドの通販会社を探せば、また違った結果になるかもしれません。

実際に着てみました。
やっぱり手持ちのblueseventyはワンサイズ小さかったようで、今回のSynergyはドライの状態でもすんなり着ることができました。
このblueseventyはどうしよっか・・・。着れるようにシェイプするしかないかな・・・。結構高かったし・・・。

ついで買いしたのは2008年11月に開催されたアイアンマン・ハワイの公式DVD。
前々から欲しかったのです。
IROMMAN DVD
その内容はエクセレント!トライアスロンをやっている人ならは一度は見たほうがいいと思います。
厄介なのは他の年度のDVDまで見たくなるということ。
でも当然のことながら日本未発売。ええい、どこまでマイナーなんだ国内でのトライアスロン情勢は。

明細書
TriSportの明細書には必ず手書きでThanksのサインが書かれています。
わたしは単純でバカなのでこういうのに弱く、素直に嬉しく思ってしまうのです。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

シュークリーム分とは
6月16日
バイク:41km
JOG:20km

6月17日
バイク:41km
JOG:20km

6月18日
バイク:41km
JOG:20km

勤務中に睡魔に襲われてまふ。
シュークリーム分が足りませんですたい。

ちなみにシュークリーム分は必須栄養素で、これがないと思考力、集中力、発想力、自発力、物欲、性欲が抑制されてしまいます。
含有する食品はそのものずばりシュークリームだったりエクレアだったり、でもアイスクリームにはないのよ、そこらへん勘違いしてはあきません。

はぁ・・・ドロッセルお嬢様が来るまで後半月か・・・。
ヒナギクタン ハァハァ。

十分満ち足りているような気がします。

要するに、働きたくないでござる。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

あー、コレは根本的にダメかもしれんね
6月15日
バイク:41km
スイム:1400m

先日のレースで、ラン以上に「なんで?」と思ったのがスイムのタイムの悪さ。
ランは色々思い当たるところもあるのですが、スイムはさほど悪いとは思えなかったからです。

ところでプールはいいですね。
なんといっても水が透明なのがいい。水が口に入っても安心。


で、泳いで見る。
ほら、ゆっくり泳いでも50mは1分50秒を切っている。このペースだと息切れだってしない。
なのになんで先日のレースでは1500mを35分以上もかかっているの。

答えはきっとコレ。
「ウェットスーツがきつい」

レース当日、ウェットスーツを着ようとしたら、太腿が入りませんよ。
スタートオイルを塗りたくり、無理やりねじ込んだら今度は太腿がパッツンパッツンです。
カッターナイフの刃先が少しでも触れたら気持ちよくサクッと裂けていたことでしょう。
実はここ最近、各方面の方々から「まるで競輪選手の太腿ですね」と言われるほど、知らぬ間に太腿が異常に発達していたようなのです。
その発育サイクルはこんな感じ。
体重重い>走行会のHCパートで無理やりながらもついていく>太腿発達>直線でスピードが乗るので調子こいて通勤で直線番長を目指す>太腿発達>体重増加 以下リピート
ダメじゃん 
まぁそのすくすく発育した太腿のおかげで4月の伊吹山HCでは体重80kg以上にもかかわらず1h2minとか、我ながら非常識なタイムが出たりするんですけど・・・。
体重減らせー!

じつは他にもまだあります。
胸周りがきつくて呼吸がままならなかったのです。
そのせいで2ストロークワンブレスでないと泳ぎ続けられない羽目に。
身体を締め上げすぎたことにより、脚は沈む、呼吸はできない。
そんなんじゃスピードも乗らないでしょうに。
ダメダメじゃん。
冗談抜きで、ウェットスーツなしのほうがタイムは速かったかもしれません。

ともかく、肉体改造をするにせよこのシーズンではどうにもならないのでウェットスーツを新調することにしました。
bleuseventyはちょっと高価なので、今回はそれよりも財布に優しいSynergy SportのEndorphin、ロングジョンバージョンを試してみることに。
(また聞きなれないブランドをチョイスしてからに・・・)
海外のフォーラムではORCAより評判がいいようなので、物は悪くないんでしょう。
はっやく到着しないかなぁ~。
財布はますます軽くなるぅ~。


軽くなるのは財布だけか!わはは!こりゃいいわ!

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

これはベリーベリーアカンでしょ
第21回オレンジトライアスロン

2:54:57
総合197位/262人

予想通り、否それ以上に酷い成績でした。バイクだけ堵出してもダメでしょう、ということで。
いやもうバイクの成績だけ見たら立派なんですけど、他がどれだけダメダメなんだと。
昨年の児島より成績が悪いなんて・・・、この1年間何をしていたんでしょうね。首でも括りたい心境です。
(しかしながらランパートは1周余分に走った気がしてならないんですが・・・)
ただ、こうなることはだいたい予想していましたし、だからこそいっそのこと棄権すら考えたのですが、現実に目を向けることによってカンフル剤になればいいかなと。
で、そのカンフル剤は飲み下せないほどの苦い薬となったのです。
しかしながらいい経験ができました。
高い授業料でしたがプライスレスだったと思います。
なんといってもウツの症状が吹き飛んだのはよい結果となりました。(ただ、本来こういう解決方法はよくないという話らしいのですが・・・)
現状認識の面では自分の怠慢さや傲慢さ、おごりもあったことを再認識させてくれましたし、問題点が克明になったことで今後の課題もみえてきました。
ただ私は意志が弱いので、こうなったらトライアスロンチームの門を叩くことも視野に入れつつあります。

大会は残念ながら次も参加したいとは思えないものでした。
本大会は大学生選手権も兼ねていた(こっちが本命?)のですが、他の一般選手からも「あれはダメですよねー」と苦言が聞こえてくるほど大学生のバイクマナーが悪くて釈然としません。
競艇場の水質は大阪湾並で、生臭く、自分の手が見えないくらい視界はゼロ。入水した時点でテンションが下がりました。
来年は別の大会にするか、練習会に割り当てます。もう金銭的余裕もありませんし・・・。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

レース目前
6月11日
バイク:41km
JOG:40min

JOGは気分を変えて植林地区を走りました。
バイクはHardrock。ペダル軸がグリス切れを起こして異音がします。
レース直前なのでこれにてバイクとランは終わり。
金曜日にスイムをしてアップとします。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

これはアカンやろ・・・
2009年5月の王滝100kmのリザルトがでました。
772人のうち、完走したのは417人。完走率は54%。

そんな中、私は8時間15分でゴールしていました。自分では8時間40分ぐらいかなと思っていたのですが・・・。
でも順位がいただけない。

色々と準備中・・・ その2
決戦用のランシューズにYANKZ!を入れ、実戦と同じく素足で走ってみました。
昨年は初めて使ったこともありテンションの掛け具合がよくわからず、脚の甲を縛り上げてしまう結果になったのですが今回は上々のでき。あとはたっぷりとワセリンを塗りたくれば靴ズレとは縁が切れるでしょう。
なを、現在をもってもYANKZ!を取り扱う日本の代理店は見当たりません。
本家サイトでは日本語の取扱い説明書まで用意しているのに、実に惜しいです。
この手のシューズレースは他でもあるんですけど、YANKZ!はカラーバリエーションが豊富なのがいいんです。

さて、オレンジトライアスロンではVuelta Carbon Pro WRを初めて実戦投入することになります。
平地直線が続くコースなのでこのホイールとは相性がいいでしょう。
あわせてDHバーも初の実戦投入です。
どうでもいいけど、今回も初めて実戦で使う器材がその他あったりします・・・。
保険としてリアタイヤにはNoTubeシーラント液を40mlほど入れました。
スプロケも平地用の11-21に変更。このスプロケはSequiaさんから引っぺがした物。
コンパクト時代の練習用に使っていたのですが、今となっては通勤用としか使い道がなかったので、ようやく桧舞台に立つ機会が出たわけです。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

Hardrockなら天候に左右されにくいしね
6月11日
バイク:41km
JOG:1h

昨日と同じメニュー。
雨が降っていたけど、寒くはありまあせんでした。
ほとんど貸切状態になった長居公園の外周トラックを、黙々と走るのはいい気分です。
走り終わった後は銭湯へ直行。
ああ、このパターンはいいかもしれない。これからこの季節はこれでいこう。
ならば今度はHardrockを通勤スペシャルにモデファイしていきますか。
Sequoiaさんは冬季限定にしましょうかね。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

色々と準備中・・・
オレンジトライアスロンに向けて、のらりくらりと準備を開始。
先日はランシューズにYANKZ!を入れただけです。馴染ませるために翌日試走するつもり。
他はホイールのギア変更とかシーラント注入とか、やることはまだ色々と・・・。
実はあまり現実味がないので、レース当時にうっかりしてターミネーター4だのスタートレックだのトランスフォーマーだのを観に行ってしまいそうです。
当初は駐車場で車内泊かテント泊を予定していたのですが、テンションが上がらないので急きょホテル泊に切り替えました。1万円の余剰出費・・・。まぁしかたないか。
今年はタイムや順位は期待しないことにしました。
レースの雰囲気を肌で実感してくるだけにします。
(それならkoupapaさんが参加した、しらさぎ練習会でもよかったんじゃ・・・)

おっと、乗鞍HCのエントリー代金を支払うのを忘れていました。締め切りは12日。
オンラインBKにて支払い完了。あぶなかった・・・。
この大会も毎年抽選を巡ってゴタゴタがあるそうで。
公式サイトはもう修正されてますが、「落選の皆様にお願い」によるとゴリ押ししてくる不届き者までいたようですね。
まぁ乗鞍といえばマラソンで言う「東京マラソン」や「ホノルルマラソン」など、参加するだけで意義がある大会なので必死になるのもわからないでもないですが・・・。
中にはこの大会のためだけに1年間かけて準備してくる人もいるみたいだし、そういう人にすれば乗鞍は聖地なんでしょうね。
それを思うとさほど熱心じゃない私が当選して、頑張っている人が落選というのも申し訳ない気がしないわけでもありません。まぁ抽選するのは主催側なんですけど。
つーか、日本人のヒルクライム好きはちょっと過剰な気がするんですが。
ヒルクライムが最強とか思い込んじゃっている人も多いようだし・・・。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

いまさら遅いんだけど
6月9日
バイク:41km
JOG:1h

JOGは距離ではなく時間単位に変更。
バイクはHardrockを使用しています。こちらも走行時間が長くなることが目的。
そのまま銭湯にも行けるので便利。
Sequoiaさんはしばらくお休みにさせるつもりです。
オレンジトライアスロンは諦めたけど、7月のひわさ、9月の伊良湖と王滝100kmに向けて再調整です。
(8月には乗鞍もありましたっけ)

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

THE ダイエット
6月8日
バイク:41km
スイム:1300m

タイトルを読んで字のごとく。
ダイエットなんて言葉は嫌いなんですが、事がここまで及んではどうのこうの言ってられません。
要するに体重を減らせばいいんです。簡単な話です。でもその簡単なことができないから皆苦労する。
鼻先を折られないと立ち上がれない私。先日の王滝と練習はいい意味で刺激になりました。
奇しくもバイクを始めて3年目。節目です。引き下がるか躍進するか。
当然後者を目指します。
ハワイを諦めてたまるか。
早く最終目標を達成して、さっさとあの世に行くんだ。
いつまでもダラダラ生きていてどうする。

ということで、かつてやっていた減量メニューを開始します。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

身体が重い
6月7日 バイク:80km

日曜日の練習だけ参加。
王滝でのダメージがまだ残っています。膝が痛い。
だから正直あまり行きたくなかったけど、尻に根がはりそうな気配がしたので鞭をうつ。
ここしばらく欝の影響で過食気味になり明らかに太りました。身体が重いです。
坂に差し掛かると脚が回りません。
開き直って今回はショートカットコースを取らせていただきました。

まさか王滝でのダメージが、ここまでキツイ物だとは予想できませんでした。
来週はオレンジトライアスロンだけど、膝の痛みが気になります。
今朝もHardrockで通勤しましたが、会社に着く手前で両膝が痛み出しました。
明らかに今年は調整に失敗したので、あまりレースに出たくないのが本音です。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

ところで今週末も雨だって?
バイク:41km
スイム:1400m

インフルエンザ騒ぎでプールが閉館していたため、スイムは2週間ぶり。
今回はクロールの姿勢の矯正トレーニング。
ゆっくり泳いでいるつもりでも、50mのタイムがいつもより3~5秒速くなりました。
これは凄い。この成果が6月14日に活かせられたらいいんですが・・・。

バイクは久しぶりにHardrockを使用しました。
ところがリアホイールのスポークが軋む・・・。
そろそろホイールの振れ取りぐらい、自分でできるようにならないとダメかもしれません。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

気がついたらカウントダウン 
気がついたらオレンジトライアスロンまで10日しかない。
身も心もまるで準備ができていません。
そもそも、宿泊するのか当日向かうのか駐車場で一夜を過ごすのか、それすら決めていないという有様です。
いいのか、そんなことで。
ダモクレスもバーテープを巻きなおそうとして、古いバーテープを引っぺがしたまま2週間以上放置。
トライアスロン用に購入したTriTipも壁にかけたまま放置。当然ポジション合わせもしてません。
あー、なんだろうね、このテンションの低さ。つらいなぁ。

とかいいつつ9月王滝100kmのエントリー用紙を記入している私。
先日はもう「ウンザリ」「二度と出るか」とか言ってくせに、ちっとも懲りてませんでした・・・



・・・エントリーは抽選だそうですけど。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

王滝100km 装備考察
結局、体験してはじめてわかるんですね。

2009年5月 王滝100km その後
今回、Edge705のタイマーが途中で止まってしまったため一部の記録が抜けている。
だから走行時間が6時間となっているけど、これは大ウソです。
王滝記録
心拍数の下がり方が顕著に見て取れる。ハンガーノックだ。(2010年1月19日追記:ハンガーノックという表現は誤り。単なるスタミナ切れです。本当にハンガーノックだったら意識不明で病院送りになるはず)
完走できたのは運がよかっただけなのかもしれない。

6月2日 有給を取って洗濯やら掃除やらの後片付けデイとした。
装備は何もかも泥で染まっており、ちょっと水ですすいだだけではダメだからだ。
新車の輝きを保っていたStumpjumperもたった一日でいい具合にやれている。
シフターもディレイラーも砂をかんでまともに動かない。
バイクはどうにもならないのでSPEEDに預けることにした。車にバイクとホイールを積み店へ向かう。
店内には同じく100kmに参戦したJ氏のEPICがあった。
残念ながらJ氏はDNFだったらしい。

完走率は50%と過去最低。
常連出場の選手の声によると、今回のレースは過去に前例がないほど過酷なものだったそうな。
ゴール後はよくもまぁこんなレースに毎回参加する物好きがいるものだな、と思ったが今回だけは特別だったんだろう。
知らぬが仏とはこのことか。
こっちはそんな事情を知る由もないから、はじめはタイムを、中盤では完走を、後半では生還を目指して必死だった。
ということは次回に出場する時はもう少し楽に感じられるんだろうか。
え?やるの?また?

店長から「どうでしたか?」と尋ねられたのを皮切りに、王滝での体験談を自虐を交えながらも少しだけ誇らしげにマシンガントークしている自分がいた。ああ、痛いなぁ・・・。
人間とはけったいな生き物で、あんな目に遭っておきながら今となってはそれが楽しい思い出に刷り込み修正されてしまっている。
そして次はアレだコレだと考えてしまっている。結局自分も同じ穴のムジナなのだ。

トライアスロンと王滝、両者は全く違う競技だけど私の中ではある一つの共通項目でつながっている。
それは競技として見ていないということだ。
両者にはどこか戦の匂いがする。
どうやらそういう雰囲気でないと私は熱中できないらしい。
ということで次回もまた行くんだろうなぁ・・・と思います。
でも王滝に参加するのってあれこれと結構お金が飛んでいくのよね。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

王滝100km 初陣
何とか完走・・・もとい、生還しました。

王滝100km完走 スタンプジャンパー

日頃から早死にしたいだの、安楽死したいだのとほざいておりますが
「死んだらどうする!」とマジになったあたり、どうやらまだ生には執着があるようで・・・。
タイム?順位?そんなもん知らん。

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.