Gust of wind with Two wheels 2010年08月
FC2ブログ
Gust of wind with Two wheels
満月と新月にナイトライド
201007<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201009
次は王滝が待っている
疲れていたんだろうか、会社から帰宅してしばらくすると睡魔に絡まれて、しばしベッドに横になったら最後、知らぬ間に寝入っていた。
堺浜へ走りにでも行こうかと思っていたけど、もういいか。

全日本なんちゃら乗鞍が終わってやれやれのところだが、瞬く間にSDA王滝100kmが待ち構えている。
私にしてみれば本命はこちらのほうだ。
練習に当てられる日数はレストを差し引くと12日間ほどなので、あまりのんびりもしてられません。


ところで・・・。
自転車の祭典として何かと乗鞍と比べられる王滝だけど、個人的には王滝のほうが断然面白いと思う。
こんな面白おかしいイベントに、SPEEDの面々が食いついてこないのはナゼなのだ。解せぬ。
谷底へバイクを放り投げたくなる時は多々あるけど、ラストの10kmも続くダウンヒルなんて、GTOさんとかが経験したらきっと病みつきになるはずなんだけどなぁ。
バイクもアルミのハードテイル完成車で十分だし。
(この時点で金銭感覚が麻痺しているとか言われるんだろうけど)
スポンサーサイト



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

全日本なんとか乗鞍
2010-08-29-NORIKURA01.jpg


日本全国から4000人近いサイクリストが一斉に車で押しかけ乗鞍高原に集結し、二酸化炭素と汗とよだれを垂れ流す、ちっとも地球に優しくなく建設的でもないスポーツの祭典に参加してきました。

SPEEDから27人という大人数での参加ゆえに、今回は大型バスをチャーター。
メンバーの中からは「まるでプロツアーチームだな」という声も聞こえてきますが、傍から見れば「温泉旅行ツアーご一行様」にしか見えません。本当にありがとうございます。

何度か参加していると、やることは大体わかっています。
早朝4時集合・荷物とバイクを詰め込み出発・宿に到着・バイク組立て・受付・チェックイン・風呂・ご飯・就寝は7時40分。
翌日。翌朝4時起床・朝ごはん・アップ・ヨーイドン・競技終了・撤収・赤かぶで漬物の購入・到着・解散。
このパターンは今後も変わるまい。

タイムは昨年に比べて約1分ほど速い81分30秒ほど。
わかっちゃいたけど、力ずくでタイムを縮めるのはここあたりが限界かなぁ。
ジェットエンジンだのロケットモーターだのを調達する資金はないし、月をおとす手段はまだ見つかっていない以上、タイムを縮めるには改造手術じゃなくて体質改善しかないでしょう。

ということで、今回は結果内容に対しては割り切っております。
それにしても、リラクマ君は本当に速くなったなぁ。ついに競技中に追い抜かれてしまった・・・。以前なら坂道でもちょっかい出せたのに、今じゃもう無理。腹が立つので平地で弄り倒してやろう。DHバーをケツの穴にドッグINだ。


2010-08-29-NORIKURA02.jpg

スタート前。
先日にMINOURAを批判したせいか、持ってきたV270のアウターシェルが割れていた。
ベアリングの受け部分がむき出しになった程度なので、今回はかまわず30分ほどアップで回す。次回からは何か丈夫なバッグに入れて持ってこよう。
そろそろ時間なので店長、ケンちゃん、ハチに導かれて駐車場に並ぶ。駐車場でローラー台を回す猛者どもの姿も例年通り。
時間が来てヨーイドン。結構先頭列だったのでペースは速い。
飛び出していったハチに追従しようかと思ったけど、絶対もたないので諦めてペースをダウン。
横から店長が気配もなしにスイーと追い抜いてゆく・・・がここはすぐさま追い抜く。
後はなるようになれといった感じ。
【追い抜き】8.5:【追い越され】1.5ぐらいの割合で競技は続く。
15km地点に来るといつものごとく大渋滞。今年は特に酷い。景色を見ていると追突しそうだ。天候もよく空気も澄んでいて絶景だったがそれどころじゃない。
ゴール2.5km前で、年齢別で後からスタートしてきたリラクマ君がゼーハーいいながら追い越して行く・・・がどうも私を追い抜くために無理をしたのか50mほど目の前でポトンとペースが落ちた。リラクマ君には見知らぬライダーが二人ほど背後に取り付いていたが、その連中はありがとさんとばかりにそのまま進む。ああ、だからマキビシを持てとあれほど・・・。
とりあえず追いついて前に出て、しばらく引くことにする。どうせ私は持たないからせめてものなんとかだ。
500mほど進むと休息できたのか、リラクマ君は私の背後から旅立っていった。
それはいいんだが、追い抜き際に剛毛のスネ毛が風にたなびいているのがやっぱり許せない。
来年来るときはガムテープとかみそりを持参しておこう。追い抜いてきたらとっつかまえて、その場でスネ毛処理だ。だれか手伝え。
残り1km。私も最後の力を振り絞ってそろそろペースアップ・・・と思ったけど、チャンピオンクラスの選手が下山してきて、競技中の選手とすれ違うことにより大渋滞。なんだこりゃ、追い抜くとか以前の話じゃないか。
以前ならこのポイント付近でヒートアップしているはずなのだが、今年はすっきり萎えてしまった。
なんとなくいつもの練習後の後味で競技終了。

昨年よりタイムは更新したけど、初参加の時のようなヒートアップがなかったのは残念だったかなぁ・・・。
昨年は心拍管理が酷かったけど、今回は中盤後に垂れつつもそのほかは上手くなっていたのが大きな成果だったとしておきましょうか。
2010-08-29-NORIKURA.jpg
やっぱり15km付近が難関なんだな(心拍が最低値)
ここで如何に力を引き出せるかが鍵になるみたい。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

堺浜のHOME'Sは22時ごろまで営業してくれていたらGJファインなのに
先日は勢いあまってバカなことを書いたので、その埋め合わせにちゃんと走ってみた。

バイク:41km + 堺浜5周

Bushidoを購入してからは堺浜への足は遠のき、結果Transitionもトップチューブに埃が積もる憂いの目に。
「たまには乗れよ」とTransitionが言ったのか否かはともかくとして、たまには走らせないとカーボンにカビが生えてきそうな、いい知れぬ恐怖に取り付かれたので、圧が抜けてペッタンコになったコンチ・コンペに空気をたっぷり注入し、久しぶりに堺浜へ向かいました。
久しぶりのTTバイク。この種のバイク特有の不安定感に戸惑う。
シフトチェンジもDHバー側で、いちいち握りなおす。ああ、電動デュラを求めるのは自然だわ。

堺浜に到着してからエアロポジションを取る。
「サドル位置があってない」という違和感。
そういえばTarmacのサドル位置は常に変化していたのに、Transitionはおざなりでした。ポジションだしを煮詰めたわけじゃないので仕方ないとはいえこれは・・・まぁいいや、また今度にしよう。
乗鞍直前であり本来ならレストしているべき期間なのだがせっかく来たんだし、刺激入れ程度として回してみる。

2010-08-26-堺浜

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

乗鞍のタイムを楽して短縮し順位を上げる方法
やってまいりました、乗鞍直前の現実逃避コーナー。
タイトルの内容については、こういう風に書いておけば釣られて来る輩がいるだろうと見越してのことです。

結論から言えばヒルクライムに限っては、アマチュアレベルならば体格差で勝敗はほぼ決まってしまいます。そして私からすればほとんどの選手は、私より圧倒的に有利であると断言します。
どんなに頑張っても人間の筋力は重力に勝てないし、仮に羽をつけても身体の構造を変えない限り飛ぶことはできません。
万有引力の法則がある限りどうにもならないのです。

さて・・・この世の法則を断ち切れないば、別の切り口から攻めればいい。
ビジネスを成功に導くための常套手段。他人より常に斜め上を行く方法を模索し前へ進め。


(ご注意:ネタを鼻で笑って流せなかったり、乗鞍を聖地に見立ているガチな人や、カチンコチンのアスリートな方々はこの先を見ないでください)

ゆかいなオモチャ
8月24日
ローラー台:20min

例のごとくVRコースにて。
今回選らんだコースは風向きの設定がされておりました。
TTSには物理エンジンの実装はないですが、空力の概念だけはあるようです。
Bushidoにはバーチャルスピードといって、下り坂の場合だとスピードが加算される仕様になっています。スペックには下り坂の設定まであるけどどうするつもりなんだろう、と思っていたらそういうことでした。
外部電源を利用する同社のFortius T1930やT1940にいたっては、下り坂で足を止めてもローラーが勝手に回っているそうです。回生ブレーキで発電するBushidoではさすがにそれは無理。
そういえばTacxのサイトが更新されてました。Bushido T1980のセミワイヤレス版の登場も近いか。まぁ日本市場には関係ないけど・・・。

前日と同じ場所でコースは全長12km。
アップダウンの激しさは変わらず。
Tacx Trainer Software 2010-08-24 21-57-25-28

Tacx Trainer Software 2010-08-24 22-01-49-09

2010-08-24-VRトレーニング

結構楽しんでます。なんだかんだと試練はあったけど結果オーライでした。


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ヴァーチャルとはいえホームコースだよ
通勤のライドは積み重ねというより、今となっては体調維持のためと言ったほうが色濃く、ペースもマッタリ気味。
最近は更に輪をかけてのチンタラ走行。それでも結構汗をかいているところを見ると、エクササイズにはなってるみたいです。

8月23日
バイク:41km
ローラー台:30min

テーパー中は短い時間で強度が高いトレーニングとなります。
なので時間は30minと区切りました。
VRトレーニングメニューで約16kmのコースを選択。
iTuneラジオのヘヴィメタチャンネルをBGMにしてスタート。
仮想敵選手も二人用意しましたが、Tacxが用意してくれたNPCは弱くて話にならなかった・・・。

Tacx Trainer Software 2010-08-23 20-07-05-67
森林を抜けて・・・

Tacx Trainer Software 2010-08-23 20-13-59-70
橋を渡り・・・

Tacx Trainer Software 2010-08-23 20-15-09-14
渓谷へ・・・おい、これってもうMTBのコースだろ。

VRトレーニングのコースは、他もこんなルートばかりなのですが、ヨーロッパではオフトレがシクロであることが多く、Tacxもその概念を引き継いでいるのでしょうか。
道は平坦な箇所はほとんどなくて、常にアップダウンの変化があります。
これがいい刺激となり、結構脚にクルんですわ。
16kmの間にこれだけも起伏があると、そらもー忙しいのです。どれくらい忙しいかといえば、ギアチェンジの暇はなくほとんど固定の状態、といえば想像していただけるでしょうか。
2010-08-23-VRトレーニング

次の冬辺りに、ソフトウェアがバージョンアップして、グラフィックも機能も強化されるらしい。
PCも古くなってきたし、今後に向かえてそろそろ新PCを導入しようかな。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

天敵
水越峠がますます嫌いになった原因がコイツ。

2010-08-21 水越峠のアブ

8月21日
バイク:80km

水越峠練習走行会。
PONと愉快な仲間たち御一行は、水越峠から高野山に向かったそうです。
最近入山が激しいね、改宗か入信か何かに魅入られたか。

私はテーパーに入っていることもあり、今回はあまりペースをあげない。
心拍レベルを上げるのは頂上付近だけ。
水越峠の頂上には思わぬ敵が待ち構えていました。奴です、アブがわんさかと・・・・。
ハッさんが刺され、私も刺されました。
パーツクリーナーでも持っていこうかしら。

2010-08-21.jpg

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ハヤテ・絶望・魔法先生の新刊が同時発売とか小学館と講談社は絶対申し合わせているだろう
明日菜を抜きにして栞をヒロインにしたらいい、とか言うの禁止。
けな気さが売りだったはずの本屋が、近年は無双化(淫獣化ともいう)してきてなんとなくガッカリダヨ、とか言うのも禁止。能登かわいいよ能登。

はい、オタクの話題はここまで。


バイク:41km
ローラー台:30min

帰宅後のローラー台はForceトレーニング。
トレーニング時間が30minと短いのはテーパーが目的ではなく、両脹脛が痙攣したので中断したためです。
帰宅時に少しだけペースアップしすぎて、水とミネラルが不足になっていた模様。
パワージェルは摂ったのですが、時既に遅しだったようです。
5km付近で心拍がズドンと落ちているのは、心拍センサーベルトが緩んで圧着していなかったから。
【緩んだ】というより【緩くなった】?ちょっとだけ痩せたか?


2010-08-19-Force.jpg

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

どこまで本気なのAppleさん
iPhoneをGPSサイコンにしてしまうアプリがある。
中には加速センサーと斜度センサーを連動させて、出力を演算するものまであるらしい。
まぁあのガジェットの性能をみれば、アプリ開発ができる人なら作ってみようという気になりますわな。
だからといってiPhoneがGarminやSRMの代わりになるとは思えないのだが・・・。
とか思っていたら、どうやら本家がその気になった模様。

Patently Apple
Apple Introduces us to the Smart Bike


テーパー開始
室内トレーニングはなし。
乗鞍目指してテーパー開始・・・というより単に暑いから動きたくないだけ。
夜でも室温は33度とか、なんなのよ。
ドカンとゲリラ豪雨、カモン。

バイク:41km

帰宅時に熱風に吹かれて体内の水分が飛び、脱水。汗が皮膚にとどまらない。
暑い・・・やってられるか。
気象庁によると今が酷暑のピークなんだそうで、相変らず「運動するなっつーとろーが」とのお達しが出ているほど。
こんな時はおとなしく引っ込んでいるか、エアコンがガンガンに効いたスポーツジムで汗を流すのが賢明なのでしょう。

そういえば我が家にはクーラーボックス用の保冷材がたくさんあったな。
真夏でもドリンクがガンガンに冷えるほど、アレは強烈。
アレを何かに利用できないかしら。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ああ、補給は大切だね
暑い・・・。なしてこんなに暑い。
近年では就寝前にエアコンを止めるのは、健康上よろしくないというのが常識なんだそうな。
ということでエアコンは就寝後もフル稼働。
今月の電気代が恐怖です。

8月17日
バイク:41km
ローラー台:60min

あまり記憶が定かじゃないのですが、帰宅したのはそんなに遅くなかったはずなのに、気がついたら22時。あれ?今まで何していたんだ?はいはい、Desireをいじくっていたんですね。自宅の無線LANにリンクさせるのに四苦八苦していたんですね。
AirStation G54が吐き出す接続パスワードが、これまた凄まじい桁数で・・・打ち込むのが大変なのよ。
フラット定額なんだからWi-Hiにこだわらなくてもいいんだけど、せっかくある機能を使わずして・・・という貧乏性が火を噴いた結果でした。
ということであわててBushidoをセットアップしたのち、60minのパワートレーニング。
それまで、昼食からロクに食べていなかったためか力が出ません。
最大出力は505Wで打ち止め。
今までパワートレーニングの時は、開始前と途中でパワージェルを口にしていたのですが、今回はそれがありませんでした。
それゆえか途中で気分が悪くなるわ軽いめまいに襲われるわ・・・自宅でハンガーノック寸前ですかい・・・。

2010-08-17-パワートレーニング

夜も遅かったので晩ご飯はプロテインだけにとどめました。
まぁ食欲には勝てなくてブドウパンも食ったのですがね。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

Desireがきた
SOFTBANKに対しては散々悪態をついてきましたが、ここにきてHTC Desireがようやく手元に来ました。
【入荷するする詐欺】に遭う事数知れず。いい加減ドコモのGALAXY Sに鞍替えしようかと、テンパるほどでございました。
地元のSBS店でも「私達も実機を見るのは初めてなんですよ」ってな具合。
どんだけレアなんですか。

HTCといえばプロツアー好きのおじちゃん達には、チームHTC・コロンビアで馴染みがあるかと思えば、「HTCってなんじゃい?」と言われているのが現実みたい。
実際SPEEDでもそんなやり取りが何回かあったし、「台湾のスマートフォンメーカーだよ」と説明しても「知らんなー」で終わってしまう有様。
HTC、ダメだよ、全然ダメだよ。
モバイル業界では右肩上がりの急成長企業ですがロード乗り相手にはGarminみたく、提供できる器材がないとインパクトが弱いのでしょうね。
この調子だとDesireをショップに持っていっても「お、iPhoneですか?」と言われるのに10Kアデナ。
「iPhoneじゃないよ、Desireだよ」と説明したところで「何それ?iPhoneのパチモン?」と言われてしまうオチが目に見えそうです。

ともかく、実際手にしてみるとできることが多くてすごいですな。
問題なのは未だMMSに対応していないこと。
SIMカードを今まで使っていたNOKIAと入れ替え差し替えがメンドクサイ。
速く対応してくれないかな・・・。

テーマ:HTC Desire - ジャンル:携帯電話・PHS

最高気温だったそうで
気象庁によると昨日は「スポーツはするな」というほどだったそうです。
ソレとは別にして、昨日はレスト。
ウ●コがユルユルだったので、内臓もお疲れだった模様。乗鞍まで2週間もないけど無理はイカン。ガマンガマン・・・。

そういえばお盆休みの間にランニングをすることは、結局ありませんでした。
下手こいたら熱中症になりかねないほど暑いさなか、ランニングなんて狂気の沙汰だと思うのですが、これって大阪市内や東京都内に限っての話なのかいなと。
インド料理店を経営するインド人が大阪の夏にバテるのだから、世界的に見てもよほどの酷暑なのでしょう。
そう考えたら、夏場のエクササイズは水泳やロードバイクが最適なのでしょうね。

以上をまとめると、トライアスロントレーニングは1年計画で進められるということなのかしら。
春・秋は総合。冬はランニングをメイン。夏はバイクとスイムってな具合に。
まぁ真夏は室内トレーニングに限る、というのがエリートやコーチの声のようですが。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

2度あることは3度あるとはよく言ったもので・・・ その2
やっぱり何かに憑かれているのか。
あるいは凶星の下に生まれてきた宿命か。

8月15日 バイク:47km

だったらとっととこの命をもってけと思うのだが、どうもそこまでは踏み切れていないらしい。
このチキンが。
まぁたかが、新品同然の高価なチューブラータイヤが、
よりにもよってまたフロントがサイドカットでパンクしたからといって、ひねくれたり拗ねたりするだのまったくもって大人気ないわけであり、
とはいえつい先日もフロントがパンクしたりだのと、やっぱり何かあるだろ。
凶源よ出て来い、ちょっと軽く折檻してやる。


ということで、コンチ GP4000がゴミと化しましたとさ。日本市場価格で14,000円、CRCでも送料込みで8,500円。たまらんなー。
気も萎えたので途中で引き返しました。これだったら家でローラー台まわした方がよっぽど有意義だったわい。
そういえば以前も新品同然のコンチ・コンペがゴミになるという、似たようなことがありましたな
こうもロクでもないことばかり続くあたり、やっぱりなんか憑いてるに違いない。
そもそも人生そのものがロクでもない道程だし。


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

まわすだけ
本日はお盆の御勤めでお寺参り。
ショップの練習もなし。

8月14日 ローラー台:30min

お寺参道まで時間があったので、30分ほど。
負荷はなしで。
2010-08-14 free
最後だけ試しに少しだけもがいて見ましたが、やっぱりセオリーは守らないと出力全開とまではいかないようで。
力を出し切れていない感が強いです。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

アレック○には勝てない 逆立ちしてもムリ
お盆真っ盛り。猛暑も真っ盛り。
ボトルのドリンクがお湯になるので、自販機で水を買い求める・・・ゆえにいつの間にか小銭が消えていくのです。
なんとかならんかね。

8月13日 バイク:80km


ソロライドでコースはグリーンロードから観心寺。
一方、PONさんとリラクマ君は、イチャラブでこっそり高野山へ行ったらしい。まぁお熱いですな。

近鉄線・大和川の踏み切りでSモト君と遭遇。
コースは未定ということなので、とりあえず付いてらっしゃいなと前を引く。
駒ヶ谷からグリーンロードに入り、7分目ぐらいのペースで先行。む?付いてくる?
太子の交差点から8分目で引いてみる。おお、付いてくる。いつのまにこんなに速くなった?
んじゃこれでどうだ、といわんばかりにアウターでもがいてみる。さすがにちぎれたか。
と思ったら下り坂で脚を止めて滑走してたら追い抜かされた。下りのアドバンテージは私より上なのよね。
駅の道手前の坂でアウターにて出力全開でもがいてようやくちぎることができたけど、あの体格、あの手足の長さ、本気で鍛えたらロードの選手としては最強の部類になるんじゃないかな・・・。
シルエットを見ていると日本人というより、欧米選手の体躯なのよね。

水越峠に向かうSモト君と手前で分かれて、私は観心寺のコースに向かう。
久しぶりのアップダウンコース。心筋と太腿が暑さで根を上げそうに。
スタート時間が遅かったので、大和川CRの帰路コースでは熱風に吹かれ、水分が吹き飛ぶ。ボトルには生暖かいドリンクしかない。飲めるか、こんなもの!
自販機!自販機!日本はいい国だね!だって自販機がそこらにあるんだよ!
最後はいつものところでもがいてフィニッシュ。
2010-08-13-03.jpg


前回の高野山ライドでタイヤをバーストさせてしまい、R-SYSに装着するクリンチャータイヤがなかったので、久しぶりにGRAY 50mm カーボンホイールを使ってみました。タイヤはコンチネンタル GP4000 TUB。新品です。
相変らずガッチガチに硬いホイールに、少々ビビってしまいました。硬くてよく進むホイールですが、R-SYSと比べると少々神経質なところがあるようです。
というより、R-SYSの懐が寛大すぎるだけなのかもしれませんが。
カセットは12-23。
普段12-23のスプロケなんてつけないんだけど、入れ替えもめんどくさかったのでこのまま走ってみたところ、今回のコースならこれでもいいかなと思いました。(わー、偉そうに)
でも水越峠では絶対に12-25が必須です。

2010-08-13-02.jpg
バーテープがボロボロなのでそろそろ交換しようと思うのですが、その前に最近ハンドル巾が広く感じてきて、狭めようかなと考えています。
倉庫を漁ると、以前にサイズを間違えて発注してしまい手元にありながら放置していた、Deta・ZERO 100が転がっていて・・・ラッキーなのかな。


おまけ。
駅の道でアレック○と遭遇。
会うのは半年振りぐらい?バイクではなく、ドライブ中だったらしい。
そのアレック○の愛車がこれだ。
オースチン・ヒーリー100
好きな人にはたまらんクラシック・オープンカーでっしゃろ。私もヨダレが出てきました。
オースチン・ヒーリー100_2010-08-13_01

オースチン・ヒーリー100_2010-08-13_02

ただでさえチョイワル風イケメンのナイスガイなのに、こんなクールな車まで所有してからに・・・一生勝てない気がします。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ここでのForceトレーニングとはヒルクライムトレーニングのことなんですがね
ローラー台:70min

内訳は25minはアップ走。
45minがForceトレーニング。

昨日は高野山ライドだったので、その感覚を忘れないように。
2010-08-12 Force
また最大出力と最高速度がけったいな数値になっているけど気にしない。

序盤からギアアップしてグリグリと出力を上げて、スロープを登る語とに出力を上げていく。
何度か中ダレしたけど頂上付近で最高出力を出すという目的は、達成できているので良しとしましょうか。
今後はこの落差を埋めつつ、最大出力を700w以上出すのが山場といえるのでしょうか。
仕上げはケイデンスの切り替えでフィニッシュ。

今はスロープの変更は手動だけど、この記録をテンプレにすれば今後は自動で負荷が変わるというのがこのローラー台の特長。
コンピューターが静電タッチボタンなんだけど、こともあろうかこれが汗に弱いとか、設計の方向性が根本的に間違っているような気がしないでもないなど少々首をかしげる箇所は多々あれど、今となっては頼りとなるツールになりつつあります。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

高野山ライド
8月11日
バイク:150km

夏真っ盛り。


午前7時にSPEED前に集合。げ、人が多い。
当初、参加者は6,7人ぐらいと思われましたが、蓋を開けてみれば15人ほど(←適当)の大所帯でした。
2010-8-11-2.jpg

それにしても暑い。
台風が近づいている影響でしょうか、風がぬるくて体力がそげます。
コンビニに立ち寄っては今が旬のガリガリくんを求めるチームの面々。

2010-8-11-3.jpg
高野山に到着~。
でもこの大所帯ゆえにいつものオムライス屋には立ち寄れません。
コンビニの弁当で我慢です。

高野山からダウンヒル中にフロントタイヤが尖った石をひろってバースト。
危うく転倒しかけるものの、なんとか踏みとどまる。
こんなところでひっくり返れば骨折と裂傷でエライことになりますがな。
にしても王滝じゃあるまいし、石をひろってバーストとか・・・どこまでついてないんだ!
しかもよりにもよってフロントタイヤ。フロントのパンク率高すですわ。

2010-8-11-4.jpg

2010-8-11-5.jpg

2010-8-11-6.jpg

いやー、暑かった。
ラピュタが隠れていそうな入道雲もお空にゴロゴロ。

2010-8-11-7.jpg
行きと帰りの紀見峠では、先行するO澤さんとOシマさんに食らいついていく。
心拍のレベル5を持続できたのは久しぶりな気がします。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

水越88
8月8日 
バイク:80km

一時期の猛暑は過ぎ去ったかも?水越峠から下る時、水を被って冷やされた身体は寒さを感じました。

まぁ当然のことながら、2日目になると脚は重くなります。
同じく心拍もあがりにくくなり、頂上付近でも吹き上がりきりません。
ただ、今回は登頂に入った時点で途中まで先頭グループにすがり付いてみました。
10kmのうち本当に半分の5kmまででしたが。・・・やっぱり登りの弱さは致命的だ。
でも、帰路コースでは久しぶりに脚が回った感じがしましたかね。
最後の追い込みでも向かい風の中、大台の50km/hまで回しきれたし。
パワートレーニングの効果はあるみたいです。
2010-08-08edge500.jpg

休憩地点で不思議な光景を発見。
どうしてこうなった
どうしてこうなった。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

8月7日 水越峠
暑さはあるものの先週に比べたら空気が冷たいだけマシだったか。

8月6日 バイク:41km
8月7日 バイク:80km
2010-08-07.jpg

お盆休み突入。
だけど独り者は家でダラダラするかバイクに乗るか、ここ久しく走っていないので早朝ランニングに勤しみますかね。

今回はソコソコのペースで。
帰路のコースではっさんとロードレースゴッコ。
心拍はまだまだレスポンスが悪い。課題です。
2010-08-07edge500.jpg



Taiwan Garminへ修理に出していたEdge705が帰ってきました。
修理というより、新品になったようです。
Edge705の用途はStumpjumper専用になるか、それとも・・・うーん、どうしようか。
贅沢な悩みですな。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ところで、どうして日本にはこのようなトレーニングツールが開発されないんだろう
8月5日
ローラー台:45min

朝起きても疲れが残っているので電車通勤。
夏バテ?
食欲もあまりないので、朝食はジャムトースト2枚だけ。

「今日はもう何もしないでおこうかな」と思ったのですが、今週平日はパワートレーニングをしていなかったので、とりあえずローラー台に向かいました。
結果は目に見えているんですけどね~。

2010-08-05.jpg
心拍はあがってないわ、途中で中ダレしてるわ・・・、ガタガタです。
最大出力は700Wにも達していないし、だめだこりゃ。実際、トレーニング序盤から一杯一杯でした。
休息の取り方について、少し思い直すようになって来ました。
心は少年、身体は中年。もう無理はできない身体なのよ。

一見クールなTTSの解析機能は、実はたいしたことがなかったりします。
Taxcのフォーラムでもこのことは度々取り上げられていますが、その度に「詳細な解析をしたければWKO+を使え」という結論に達するみたい。
私は管理・解析なんて高等なことはできない性質なので、今のままでも十分なんですが、いずれは必要となってくるのでしょうか。
ただ、今はそれよりもReal Life VideoErgoVideoのパッケージが欲しいな。
出荷数が少ないみたいで、海外のショップでも全巻取り揃えているわけでもないみたいだし、1本の単価もそれなりにするのですよね。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

脚が回らないとか
8月4日
バイク:41km

参りました。
ヘロヘロです。グロッキー寸前です。
よほど疲れていたのでしょうか。
会社までの道のりが長い長い。
社内では終始睡魔との闘い。
帰宅時には20km先の自宅までの道のりが80kmぐらいに感じた。

家に帰ったらアレしようコレしようと思っていたのに、何せ身体が動きません。
銭湯に行こうにも、銭湯の湯船とサウナに耐える自信がないときた。なのでコンビニで高カロリーのおやつを買い、さらにプロテインを飲む。
銭湯に行くのも命がけです。

ここ最近は新しいオモチャを前にして、はしゃぎすぎましたかね。
いやっ!まだまだ足りないよ!(オモチャが!)
次はやっぱりPowerTapだ!(諦めていなかった)
室内スプリントトレーニング&練習走行会用に、
Elite+の32Hをアルミリムで組んでもらい、
更にロングディスタンストライアスロン決戦用に、
Vuelta Carbon ProをPro+で再構築してもらうおう!(諦めるどころか症状が悪化していた)
独身貴族万歳!既婚者どもザマーっミry【検閲削除】

3本ローラ専用バイクと固定ローラー専用バイクが欲しいですねぇ、とチームのOザワさんに言ったら、さすがに呆れられましたが。私だって我ながら呆れるぐらいだからむべなるかな。
いや、そんなセコイこと言わないでいっそのこと、室内トレーニング専用の借家を・・・ry

ちなみに、どこまで真剣でどこまで冗談かは私自身、よくわかっていません。
例のBushidoだって、初めて知ったときは
「なんじゃこりゃ? こんなもん買うくらいなら外で走ればいいじゃない」
と思っていたぐらいでしたからね。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

TTSのVirtual Realityを試してみる
毎日暑すぎる・・・お外に出たくないでござる。
真夏こそ室内でローラー台じゃね?とか思うのよ、ダメ?

バイク:41km
ローラー台:90min

本当はパワートレーニングメニューにしようかと思ったのですが、脚がパンパンなのもあって気分を変えることに。
Upgrade PC Bushido T1990にはVirtual Realityなるメニューがあります。
今回はそれを試してみました。
簡単にまとめると、モーターレースゲームのロードバイク版です。
従来のPCゲームと決定的に違うのは、己がエンジンの性能が物をいうということ。
ボタン連打で何とかなる、というものじゃないのがミソです。

Tacx Atlantis
コースステージはAtlantisという名の架空の島。
一見フラットに見えますが、負荷がめまぐるしく変化するタフなコースでした。


Tacx Trainer Software 2010-08-03 19-52-40-68

Tacx Trainer Software 2010-08-03 20-02-08-71

Tacx Trainer Software 2010-08-03 20-15-05-42
画質は初期のソニーPS or セガサターン並みかそれ以下。物理エンジンも実装していません。
総括するとゲームの内容は15年ほど前のレベルです。
まぁおまけの機能のようなものと割り切るがよろしいかろう・・・と思っていたら、すんません、甘く見ていました。これ、短時間ながら内容の濃い練習になります。

人間というものは環境に対してごく自然に順応してしまうというか、脳内で補正してしまうというか・・・。
ゲームパッドでコントロールするなら14秒で飽きてしまうような内容でも、これがロードバイクにまたがって、しかもコースによって負荷が自動的に変化するとなると、実際にその場で走っているような感覚になります。
そして、コレが結構きつい!
林道や海岸らしきコースに入ると、めまぐるしく負荷が変化してまるでオフロードを走っているような気分になります。おそらくシクロのコースを再現しているのでしょうね。
たった23kmほどのコースなのに、走り終わった時は全身が脱力感に包まれ、脚がバンプしておりました。

その後の60minは200Wまでのダイエット走。
脚が棒のようです。

2010-08-03-アトランティス
リクリエーション感覚ながらいい練習になります。
とりあえず何しようかなぁとか、時間があまりないという場合は、この仮想空間内でライドするのがいいようです。

惜しむべきは・・・やっぱり時代にマッチしていない画質や物理エンジンを実装していないことかな。Unreal Engine 2クラスまで追従していてくれたら言うことなしなんだけど、そこまで追い求めるのは酷なんだろうか・・・。
Tacxはゲームメーカーじゃないし、数も出ないソフトですからね。
そういえば、これはTTS(Tacx Trainer Software) Ver.2.0なのですが、そろそろVer.3がリリースされるという噂がフォーラム内で聞こえています。
その際は少しは期待していいんだろうか。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

8月2日タイムトライアルトレーニング
8月2日 
ローラー台:60min

通勤は電車を利用。学生さんが夏休みなので、車内が比較的空いているのが嬉しい。
でもこの季節、電車は精神的に疲れる気がしないでもないです。

2010-08-02 TTメニュー
よく見ると最高速度と最高出力がありえない数字を・・・おい、時速2457.6kmとか36909wとかなんだ

ローラー台で挑むはタイムトライアルメニュー。
昨日の練習の疲れが残っているし、心拍の吹けもイマイチなのでほどほどのペースで。
5分インターバルで300Wを目安にがんばってみる。
後半は向かい風対策メニューなんだそうな。短いスプリットで強度を変えていく。
中盤で1分間だけがんばってみたけど、心拍は吹き上がっていないし500Wにも届いていない。
身体は正直ということか・・・。

出力計を得て、プロの凄まじさを改めて認識。
前回やったパワートレーニングメニューに、付いていくどころか足元にも及んでいなかったんですね。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

チームのおじちゃんたち、見てる?
最近チームのアレでアレな人達がこのブログの存在を嗅ぎ付けて、ヴィジットしているようです。
お兄様のファックユー!これでは滅多なことを書けないじゃないですか!
どこかに雲隠れしようかしら・・・。

IMGP0236.jpg

バイク:80km
Edge500がおっしゃるには最高気温38度だったんだそうな、暑いんだよバカたれが。
このクソ暑い中、水越峠?・・・ハッ、ばっかじゃねーの

・・・あ、いかんいかん、奴らが見てる。


前日シート高が低く感じたので、シートを6mmほど一気に上げる。その前の日も3mm上げたんだけどな・・・。
ローラー台で確認するとまだ上げたりない気もしないでもなかったけど、これ以上は危険だからやめました。
冬季と夏季ではシート高も変わるんでしょうかね。

7時30分スタート。
ぱぱにいさんがいないので、今回も先頭をまかされました。
夏でしかも夏休み。
朝のはよから大和川CRに繰り出す人も多く、20人トレインの先頭は気を遣います。

グリーンロードに入ってから久しぶりに逃げのペースを取りましたが、太子の手前でM川さんにとっ捕まってからは、4人ほどになし崩し的に刺されて撃沈。
さすが桜田門、とっ捕まえるのはお手のもry・・・。
駅の道の手前でもアウターに入れることができかったのは、昨日の疲れのせいだということにしときましょ。

309号線の手前でボトルを落としたこともあり、ほぼ最後尾から水越峠をアタック。
坂好きのアホ共が互いにせっつきあいながら先を急いでいるを見て、あの暑苦しいバトルには加わりたくもないなぁとシミジミ嘆息をつく。
もっとも、ダンプカーが峠道でライトウェイスポーツカー相手にはどう逆立ちしても勝てるわけがないのと同じで、話にもならんのですが。
グルペットの先頭を引いていると思いきや、今回は一人旅。
途中で別のグループを抜きつつ、目指すは冷水の沢。
旧道に入ったゴール手前で店長の背中を補足。アウターに入れてスプリントダッシュしてパス。ちょっと卑怯だったでしょうか。

帰宅コースは熱風が吹き荒れて、先頭を引くだけで水分が全てなくなりそうな勢い。
「今日はちぎり合い無しで」
私は確かに言いました。なのに脳味噌が沸騰したコヤツらには紳士協定というものが通じねぇ!。
こんな日はもがいても身体を壊すだけで上積みにはならない・・・ってゆーてるのにいつもの直線で始まりました、追いかけっこ。
先頭から一気に最後尾になり、メンバーの背中が小さくなった時点で諦めていればよかったのですが、取り残されるのは癪に障るのでインターセプト。
じれったくなるほど前に進もうとしないR-SYSの前輪に腹を立てつつ、遥か前方のM川さんの背中をロック。
いつの間にかリラクマ@SL君が背中にくっついたので、意地悪で道幅一杯に蛇行しふるい落とす。
心拍が最高値手前になった時、先頭に踊り帰った・・・っと思いきやまたしてもM川さんに刺し返される。
強いなー!どこかで秘密の特訓でもしてる!?
まくり返すにはダンシングか、シフトダウンか?迷っているうちに踏み切りに到着。
もとより一杯一杯にてお手上げでした。
あそこでリラクマ君をふるい落とさなかったほうが良かったんだろうか・・・と少し後悔。まぁいいや、リラクマ君のせいにしておこう。

つーか、灼熱の炎天下で追いかけっこはやめようよ、みんないい歳こいた大人だんだから。

2010-08-01.jpg
ここ最近、ようやくコンスタントに心拍レベル5に入るようになってきた。
けどまだまだ万全じゃない。調整にはまだ時間がかかりそう・・・。
今年は調整期間にして正解。



やっぱりR-SYSは平地で弱いです。
水越の下りでも、R-SYSで70km/hオーバーは骨が折れる。Vuelta Carbonだと恐ろしいくらいにスピードが乗るのとは対照的。
キシリウムSLを残しておけばよかったかなぁ・・・。そしたら前:SL、後ろ:R-SYSにできるのに。
・・・と思っていたら皆同じこと考えていたようで、その要望に応える結果なのか今度出るキシリウムSRは前がキシリウムSLで後ろはR-SYSなんだそうな。
まぁR-SYSは練習&乗鞍専用と割り切っているので、今更なんですけど・・・。


そういえば、おきなわ200kmのエントリー争奪戦に為に途中で抜けたハチは、無事にスロットをゲットできたんだろうか・・・。
私もいつかは参戦してみたいんだけど、脚がないのでね。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

熱風のライド
水越峠にいた鶏。
ホイールキャップに写る自分の姿とガンの飛ばしあい。
IMGP0225.jpg

7月31日
バイク:80km

暑い。とにかく暑かった練習日でした。
この日の練習は水越峠。
あきらめてグルペットです。
駅の道まではトップ集団の中にもぐり込みましたが。

IMGP0222.jpg
水越頂上では水浴び。
もう人の目線なんて気にしない。

Edge500.jpg
ぐんぐん上がる温度表示。
いやぁ暑い暑い。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.