Gust of wind with Two wheels 2012年06月
FC2ブログ
Gust of wind with Two wheels
満月と新月にナイトライド
201205<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201207
ラン+バイク
6月29日

ラン:7.8km
バイク:25km

TTバイクのエアロハンドルを弄ったのでその確認。
効果はあったが、肘をもっと狭めてもいいかなと思えた。
あと1cmぐらい?

スポンサーサイト



テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ラン+ローラー
ラン後にローラーをブリック式で。結構きつい。

 6月26日
 ラン:7.5km
 ローラー:25min

250w維持が精一杯。ランの後とは言え明らかに弱くなっている。
まぁ悲観するのはやめよう。

ランのときにショップ前を通り過ぎると店長にとっ捕まる。
店に引きずりこまれて見せられたのは、コーティング処理が済みディレーラーとクランクが組み込まれたERAKLE TS。
木曜日にポジション調整。天気しだいだけど、うまくいけば今度の走行会にはシェイクダウンかな。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

室内トレ 
トレ再開をしてからは自重トレーニングも再開している。
活用していない時はバイク以上に邪魔な腹筋台だったが、粗大ゴミに出さなくてよかった。
昨晩は雨だったので久しぶりにバイクをbushidoにセット。
よく考えたら今のホームシアターセットでTTSを起動するのは始めてである。
残念ながら途中でパソコンとヘッドコンピューターの接続が切れてしまい、20分という短い時間で終わったが、23インチPCディスプレイとは別格の臨場感を得られてなかなかよかった。

問題は熱である。

以前の家では工場扇をブンブン回していたが、今は古い扇風機一台だけ。
全然風量が足りません。サーキュレーターを買うか。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

変バイクだけにね
堺浜にはTTバイクが増えると同じくしてディスクホイール率も上がってきた。
自己満足には良いもののレースならいざ知らず、トレーニング効率は落ちるだけの気がするディスクホイールだが、はっさん曰く「アレはええよぉ」的な代物なんだそうな。
なるほど、モチベーションアップという観点から見れば一考の余地があるアイテムのようだ。
ならば私もせっかくTTバイクを持ってるんだから一本いっとくかとは思ったものの、ふと思いとどまった。
堺浜をクルクル回る為だけに、ン十万円もかけるのは愚の骨頂ではないかと。
なにか無いかなと思っていたら、WheelbuilderにAero Disc Coversがあることを思い出す。
価格はディスクホイールの10分の1以下。
これにVueltacarbonを組み合わせれば、立派なディスクホイールだ。
これはいい、これにしよう。
ウキウキしながらポチろうとしたものの、脳裏にNT的な閃光が瞬く。
よく見れば案の定、思わぬ落とし穴があった。

The following bikes are known not to be compatible with the AeroJacekt.
・Specialized Transition"


あららら・・・。

チェーンステーとシートステーが、ホイールクリアランスギリギリまで詰められているので、バブル形状になるディスクカバーとは相性が悪いんだそうな。

目論見はもろくも崩れ去った。
まぁいいかぁ・・・。今は誰かと競っているわけでもないからねぇ。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

OH...
頭にくっきりヘルメットの日焼け後・・・

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ラン 再び
6月23日
バイク30km ラン5km バイク30km



ようやく走ろうかという気になってきたので、チーム走には参加せず一人堺浜へ。
TTバイクのポジションを少し変えてみたので、その結果も知りたかった。

30kmをバイクで走り、外周1周をランで挑む。
以前ならどうって事のない練習内容。
でも今は走り方すら忘れている。脚が重い、痛い。
こんなはずじゃ・・・という思いを振り払い、今は始めたころに戻ったのだと言い聞かせながら走る。
ランが終わり、再びバイクで30km。
本来ならこの後ランで閉めるつもりでいたけで、ここは走りたい欲求をこらえることに。
ここでランに繋げたら、1週間ほどダメージを引きずりかねない。ブリックトレーニングのきつさは以前から身にしみている。
何度も何度も、以前の自分ではないと言い聞かせる。
無理をせず次に繋げるのだ。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

堺浜練
6月20日 55km
6月22日 65km

20日は夜練。水曜日ってどこかのチームが定日練習日にしてるのかな。
車道の幅をいっぱいまで使っての団子走行はよくないね。

本日金曜日は会社が特別休暇。
12時過ぎから出かける。
誰もいないだろうと思っていたら、前から見慣れたジャージが。
なんでいるの、GTOさん。

向かい風でまったく力が入らないので、
「つぶあん+マーガリン」などという、普段なら絶対食べないような菓子パンを食って少し休憩した後に再開。
コウカテキメン。やっぱりある程度腹に何か入っていないとパワーは出ません。
菓子パンが即座にエネルギーになるわけでもなく、これは脳の防衛本能のようなものなんでしょうな。

帰還途中でSPEEDに立ち寄り、ERAKLE TSの件で軽いやり取り。
SL2は海外通販でForceを購入して自分で組んでみるかな・・・。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

堺浜練
6月17日 80km



SL2が手元にないので久しぶりにTTバイクを引っ張り出す。
あれ?こんなポジションだっけ。
日ごろから乗っていないと乗り方を忘れてしまうのがTTバイク。

雨の予報で朝はゆっくりでいいやと思っていたら、実際は窓からさんさんと朝日が降り注ぐ。
これはこれでテンション下がる。
塩鮭とサラダをマヨネーズでコネコネしてトーストに挟んで食べるl。最近の朝の朝食メニュー。
12時からバイクにまたがって堺浜へ。

昨日とは打って変わって人が多い。
なによりココ最近はTTバイクが増えた。みなトップチューブが細くてまっすぐな最新モデル。
私のTransitionは一昔風にさえ見える。否、このゲテモノチックなフォルムがいいのよ。

それにしても、右前ブレーキが今となってはとてもコワイ。
ポジションも含めて、ワイヤーもやり直しだ。
電動化?。
年に数えるほどしか乗らないバイクに、そんな資金を投入できるもんですか。


テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

堺浜走
6月16日 65km

梅雨入りも本格的になったきたのか、朝から雨。練習走もなし。
リラクマ君と前日に雨が降っていなかったら走りに行くか、
と打ち合わせていたけどそんなことしなくても無理だった。

昼から雨も上がり、空も幾分明るくなってきたので走りに出る。
堺浜に到着する以前に雨が再び。引き返すのも癪なのでそのまま走る。
到着してからは当然の事ながら貸しきり状態。風邪は強く、横から雨が降ってくる。
少し肌寒く感じつつ周回を重ねておしまい。

この日を最後にTarmac SL2は主役の座をERAKLE TSに譲ることになる。
SL2をSPEEDに預け、次の相方の完成を待つ。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

ワンスアゲイン
バイクに乗るきっかけは淡路島で出会ったロードバイクのプロトンとの遭遇だったけど、
行動指数の多く占めていたのはトライアスロンに参加することだった。
そして今はトライアスロンから身を引いている。
理由は時間・金銭的理由・仲間の不在etc・・・、となんとも不甲斐ない項目が挙がるが、
率直に言えばメンドクサイ競技ということで、サジを投げたと言ってもかまわない。
素質もないのであきらめた。
大会参加に8万円近くかかるのが最もバカバカしい。トラは富裕層向きの競技なのである。貧乏人にはつらい。
しかしこのままでは、TTバイクやウェットスーツを処分することになる。モッタイナイの極み。
こうなってくるともう一度伊良湖を目指してみるか、となるわけである。
なんで伊良湖かといえば、TTバイクが無双になる数少ない大会だから。運営のセンスも良い。


躁鬱との戦いもあり、自分を信じることができないのが一番つらいのだが、ここに書き残しておこう。

テーマ:トライアスロン - ジャンル:スポーツ

堺浜 夜練
6月13日 35km

早く帰宅したのにバナナを食いながらダラダラとすごしていると、
あっという間に時間が過ぎて、走る時間がなくなってしまう。

リラクマ君から事前に堺浜に行きますと聞いていたので、注意深く見ていたけど結局分からずじまい。
夜間にあの場所で個人の顔を識別するのは無理だよ。
有機ELライトが安値で普及すれば、フレームに装飾する楽しみが増えるかもしれない。

昨晩の堺浜は昨日とは打って変わって盛況。
盛況なのは良いけど、群れを成すと
「赤信号皆で渡れば怖くない」
という心理が作用するのは良くないね。
信号無視を繰り返していたあのプロトンは、どこのチームだろう。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

夜練
6月12日 27km

昨晩はその前日より早めに帰宅したものの、ショップに立ち寄りたかったので20時40分に切り上げで距離は短め。
堺浜は人気はなし。ほぼ貸切。

エラクルTSを組む際に一つだけ新しいパーツを試みたい。
カーボンハンドルってどんな感じなんでしょ。
振動吸収がすばらしく尚且つ剛性が高いと聞きますが、実際に確かめてみんことにはわからんよね。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

堺浜 夜練
6月11日 27km

帰宅時間が遅かったので1時間弱の流し。
風もなく空気も柔らかくて走りやすかった。

エラクルTSがきたらSL2はお役目が終わることになる。
・・・どうしようかな。スペアとして蔵入りかForceで組みなおすか。
いずれにせよこうして乗る機会も減るか、なくなるかと思うと少しさびしいな。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

11速<タイヤ
ウツっている間にデュラの新型が発表があったそうな。
物がよくなっているのは一目見てわかります。
でも今度は11速だから複数のバイクを持っている人は二の足を踏むことだろう。
カセットもアルテ・105グレードを流用できない。
ブラケットは握りやすそうだけどね。

クランク・チェーンリングは好き嫌いが分かれるだろうけど、見慣れてくるとこれはこれでいいかなと思う。
最近のゴツイフレームを見慣れてくると、スパイダーアームが貧相に見えてくるくらいだから、今回のデザインは正解なんだろう。
なによりも、ノーマル・コンパクトの隔たりがなくなったのが素晴らしい。これは我々のような一般ユーザーが受けられる恩恵としてはかなり大きいと思う。

でもまぁ一番のネックはやはり11速かなぁ・・・。
11速の環境にするにはかなりの出資が必要だし、そんな金があるならハイエンドタイヤをケチらず使うほうがいいかな。コンポの総とっかえは実用よりも鑑賞枠の領域から出ないような気がする。
アルテと105が11速になれば、また変わってくるんだろうけどね。
まぁお金がある人はバンバン買ってください。
そしてあまったコンポをヤフオクに流して(ry

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

グリーンロード走
もちろん以前のようなポテンシャルは期待してはいけないんだけど、
せめて半分ぐらいは出せたらな、、と思いつつ久しぶりにチーム走に参加。

世の中そんなに甘くない。
夢の中であがいている感覚に近いもどかしさを身にまといつつ、アップダウンを走る。
当然あっという間に中切れ。
ふぅ、ふがいない。
すっかりメタボになってしまった身体を元に戻すには、気が遠くなるような日数と工程が必要。
わかっているけどため息が出る。

とはいえ、直線での追い込み時に昔の片鱗を見ることはできた。
スプリントダッシュはナマクラな切れ味だったけどアプローチはまぁまぁ。
やはり体重を絞ることが先決。それさえクリアすればなんとかなる。


そして一からの出直しにあわせるかのように、ニューフレームが到着した。
エラクルTS。
ダウンチューブからシートチューブにかけて、BBが角材のように太い、超スプリント向けのフレームだ。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

足が重い
 6月6日 ローラー台30min

Bushidoのユニットが壊れているんじゃないかというぐらいに、ギアが重い。
200w前後でひぃーこら言ってる自分。
少し前まで300wでガッシュガッシュやってたとは思えない。

そういえばそろそろ梅雨入りなんだそうな。
これからローラー台は熱との戦いになる。
Bushidoさんも暑がりだからね。
静穏性能が高い冷却ファンに交換してやりたくなるぐらいに、ものすごい音するの。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

堺浜 夜練
6月5日 35km

日中は汗ばむほどなのに、夜になると涼しくなる。
この恩恵を受けられるのもあとわずかなんだろう。


夜練用に使っているアイウェアはOGKのビナートだが、クリアレンズと言えど透過率があまり良くなく、今更ながら「やっぱりこれは危険かな」と思うようになる。
裸眼で走るのはさらに危険だし、やはりアイウェアはオークリーしか選択肢がないか。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

1からやり直し
文字通り出直しです。

 ローラー台 40min

腹筋台とコロコロを使って軽い自重筋トレも。
メモリー効果に期待。

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

淡路島でリハビリ
ショップ主催の走行会で参加。
もう淡路島も何度目だろうか。

 6月3日 150km

走る気力どころか、バイクで走ることが無意味に思えてならない今日この頃、これはヤバイよねということで、すっかり鈍重になってしまった重い身体に鞭を打ってショップ前へ。
たるんで垂れ下がった下腹部がひざに当たる。不快。

淡路島ではセカンドクラスで参加したけど、それですら千切れてしまう不甲斐なさ。
身体が重い。思ったように前に進まない。アドレナリンもテストステロンも分泌されないのかガッツが出ない。いったいどうなってしまった。
サンセットラインをソロで走っていると、昔の感覚が戻ってきた。向かい風の中を心拍95%で突き進む。
でも絶好調の頃の速度じゃないんだね。

淡路島は私にとっては少し特別な場所だった。
オートバイで初めのツーリングの場所は淡路島だった。
人生のどん底だった私に、ロードバイクをめぐり合わせてくれたのは淡路島だった。
なにかに行き詰ると訪れるのはこの島だったような気がする。
フェリーがなくなったのはさびしい限りだけどね。
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.